忍者ブログ

久々にジョン・ヒューストン監督のデビュー作『マルタの鷹』を再見。(以前書いた記事

何度観てもまた観たくなる、言うまでもなくハードボイルド探偵ものの最高峰。
原作はダシール・ハメット
すでに5~6回は観ているはずだが、恥ずかしながら、いまだにストーリーを完全に理解しているとはいいがたい。
が、そういった理解を飛び越えた面白さを含んだ映画であることもまた確かである。

キャストではもちろんハンフリー・ボガートが魅力的だが、ピーター・ローレシドニー・グリーンストリートエリシャ・クック・JRという個性豊かな脇役陣が最高。
とにかくこの3人の味のある一挙手一投足に釘付けになってしまう。
この映画、いくらボギーが良かろうとも、この脇役3人が揃わなかったらここまで面白くならなかっただろう。
類型的なファム・ファタールの役柄にハマり切らないメアリー・アスターの役柄と、ボギーに懇願する時の潤んだ瞳も忘れられない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[627] [626] [625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ