忍者ブログ
松田聖子のニューアルバム『Shining Star』(6月8日発売)がamazonからようやく到着しました。
遅ればせながらざっと聴いた感想を。
ちなみに、私が買ったのはDVD付きの【初回限定盤A】。
 
通算50作目のオリジナルアルバムとのことで、やはり聖子さん自身のプロデュース、収録曲は全10曲。
聖子さん自身の作詞作曲による新曲がトラック1から8まで、トラック9と10に昨年発表した両A面シングル『惑星になりたい』『永遠のもっと果てまで』がそれぞれ収録されています。

このラスト2曲については昨年の発売時にいろいろと書きましたので(リンク)、ここでは割愛しますが、昨年発売されたオールタイムベスト『We Love SEIKO』にも収録されていましたので、まさかここにも持ってくるとは思いませんでした。
確かに近年の聖子さんの楽曲では出色の出来栄えの2曲ですが、収録の是非については意見が分かれるところでしょう。

アルバム全体を聴いた印象として、このラスト2曲と新曲8曲とはクオリティの高さが段違いです。(もちろん2曲の方が上)
一般的に、優れた楽曲が収録されるということは、アルバム全体のクオリティを押し上げる意味では有効です。
しかし、アルバムの内容の統一性や、他の楽曲とのバランスという要素も重要です。

その意味で、アルバムを通して聴いた時、この2曲はやはりバランスが良いとは思えない。
簡単に言えば、アルバムから浮いています。
聖子さんも当然気づいていたのでしょう。
まるでボーナストラックのようにラストに置いた形になっているのはそのためではないでしょうか。

個人的に、『永遠のもっと果てまで』をアルバムのラストに収録というのは分からなくもないのですが、『惑星になりたい』はもう入れなくてもよかったのではないかと思います。
アルバムの出来如何に関わらず、曲のカラーがあまりにも異質です。

さて、問題は聖子さん自身の作詞作曲による新曲(トラック1から8まで)に関してです。

私がCDを入手したのが発売から二日経ってからでしたから、amazonのレビューも気になって覗いてみたのですが、ボロクソと言ってよいような低評価がほとんどです。
しかし、そんなに悪い出来でしょうか?
まさか一度聴いただけで評価を下していないでしょうか?

私も傑作だとか素晴らしい出来栄えとか言いたいのではありません。
80年代の諸作の足元にも及ばないのは是非もない。
あれは時代の生んだ奇跡であり、聖子さんに限らず、音楽界においても、おそらく二度と同じような現象は生まれないでしょう。
それだけに、聴き手の側が、松田聖子という歌手に期待し、求めるものが高度かつ苛酷なものになっていることは否定できません。

思うに、amazonのレビューの低評価は、いまだに聖子さんがセルフ・プロデュース、作詞・作曲を続けていることに対する失望と、ジャケット写真や付属のDVD、フォトブックへの失望などアルバムに付随する現象面を捉え過ぎているせいではないでしょうか。(もちろんそれらも重要であることは言うまでもありません)

一言で言えば、【聖子さんのセルフ・プロデュース(作詞・作曲)=ダメ】というイメージが強すぎるのだと思います。
まぁ、その悪いイメージを作ってしまったのは聖子さん自身に他ならないわけですが…。

確かに一度や二度聴いただけでは良さが伝わりにくいアルバムであることは事実かもしれません。
全体的に地味というかおとなしい印象はあり、一聴して強いインパクトを与える楽曲は『Summer Time Magic』くらいです。
しかし、☆一つとかそれほどひどい出来とはとても思えないのです。

よく言われるように、聖子さんによる歌詞はワンパターンの極みですが、聖子さんの場合、ここ10年(20年?)くらいずっとこんな感じですよね?
結局、歌手松田聖子が歌いたい歌詞が(最大公約数的には)自身で書いた、こういった歌詞なのでしょうから、今さら外野がどうこう言っても仕方ないんじゃないでしょうか。
むしろ、曲自体はそんなに悪くないです
いや、悪くないどころか、結構良いと思う私の耳はおかしいのでしょうか?

好きな楽曲としては『Shining Star』『Summer Time Magic』『あなたへの想い』『ずっと愛してるから』『Melody♪』『Guardian Angel』。(ほとんど全部…笑)
全体として、昨年の『Bibbidi-Bobbidi-Boo』にアレンジの雰囲気が近い印象でしたが、個人的には今回のアルバムの方が好きかもしれません。
いや、おそらくこっちの方が好きです。
ただ、聖子さんのヴォーカルの存在感が薄いというか、歌のインパクトが弱いな、という印象は持ちましたね。
これはやはり残念です。

随分前から、作詞作曲を外注し聖子さんはヴォーカルに専念すべきとのファンの声がありますし、私もできることならそうして欲しいと思いますが、現実問題としてはなかなか厳しいのでしょう。
現在の聖子さんですらオリジナルアルバムは売れて数万枚の世界、外注しても元が取れる保証はありません。
昨年のシングル『永遠のもっと果てまで』(作詞松本隆、作曲ユーミン)にしても、話題の割には売れませんでした。

今やレコード会社は、売れる見込みがないCDを出さない時代になっています。
世の中には著名なアーティストでもCDが出したくても出せないという人たちがたくさんいます。
聖子さんのように、毎年のようにアルバムが出せるというのは幸せなことです。
逆に、毎年聖子さんからアルバムを届けてもらえるファンも幸せです。(聖子さんも54歳ですからね…)

以上、どちらかというとamazonの厳しい評価に対する擁護のような形になりましたが、正直言ってファンの贔屓目もあると思います。
逆に、ファンだからこそ厳しい評価を下すべきという意見もあるでしょう。
どちらも”聖子愛”には変わりありませんが、それだけに、今回のアルバム『シャイニング・スター』を、ご本人はもちろん、ファンの人たちももっと大切にすべきなのではないかと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[939] [937] [938] [931] [930] [928] [927] [923] [926] [922] [921]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ