忍者ブログ
ルイ・ノゲイラ著、井上真希訳、晶文社刊『サムライ―ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生』を再読した。

思えば、この本がなければ私のHPもブログも存在しなかったことは間違いない。
この本の翻訳が発売されたことに今更ながら感謝である。

今から10年以上前に出た本だから(2003年発売)、もしかしたら、こんな本が出ていたなんてご存じない新しいメルヴィル・ファンもいるかもしれない。
この本は、メルヴィル監督が映画ジャーナリスト、ルイ・ノゲイラの質問に答える形で、自身の監督作と映画人生について語った対談本である。(原書は1970年にロンドンで発売)

いつの間にか廃刊となったようで、Amazonでも中古しか取り扱っていないのが残念だが(大手書店等では在庫がある可能性もなくはないと思う)、昔からのファンはもちろん、最近『サムライ』のBlu-rayやDVDを観てメルヴィルに興味を持った人たちにも是非とも読んでいただきたい本である。
この本を読んだら、メルヴィルの全監督作品を観たくなることは必定である。

今回、全篇を読み返してみて、内容の面白さには改めて夢中になったし、私自身、かなりの部分を忘れていることに気づいた。
もちろん、メルヴィル映画の面白さも改めて思い起こした次第である(最近はほとんど観ていないので・・・汗)。
それと同時に、初めて読んだ時から感じていた、どこか他人行儀的というか、本音を語り尽していないもどかしさも感じたのは確か。
おそらくは本に載せられなかったインタビューも相当あったのではないかと推測される。
メルヴィルが自作や映画全般についてとことん本音で語ったら、こんな内容では済まなかっただろう・・・。

思えば、この本が2003年に出た時は、日本では『海の沈黙』や『モラン神父』は公開もソフト化もほぼされていない、まさに幻の作品であったし、その後、この2作の他にも『賭博師ボブ』、『いぬ』(再販)、『サムライ』(再販)、『影の軍隊』(再販)、『仁義』(再販)、『リスボン特急』といった作品のDVD化が実現したことは、今では信じられないくらいだ。

その意味では、この本が出た頃に比べて、現在がメルヴィル映画の鑑賞環境としては遥かに恵まれていることは間違いないし、この本を楽しむという意味でもそうであるに違いない。(もっとも、本の内容は『仁義』までで、遺作『リスボン特急』についてはメルヴィルの口からは触れられていないが)

『サムライ』の映像ソフトも再販されたことだし、この本も是非とも復刊して欲しいと思う。
現在はもう一冊のメルヴィル本『映画伝説 ジャン=ピエール・メルヴィル』を読み進んでいるところ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1000] [999] [998] [987] [997] [995] [996] [994] [990] [993] [992]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ