忍者ブログ

マキノ雅弘監督の『日本侠客伝』をDVDで観た感想。

日本侠客伝』(64年)
監督:マキノ雅弘
脚本:笠原和夫、村尾昭、野上竜雄
撮影:三木滋人
音楽:斎藤一郎
出演:高倉健、中村錦之助、松方弘樹、田村高広、大木実、長門裕之、三田佳子、藤純子、藤間紫、南田洋子

初見。
大正期(と思われる)の東京・深川が舞台のシリーズ第1作。
高倉健は後年のような存在感はもう一つだが、すでに彼らしいキャラを確立している。
特別出演扱いの中村錦之助が全体のバランスの中でなんとなく収まりが悪い気がするが、子別れのシーンはさすがに泣かせる。
豪華キャストだけあって、女優陣も粒揃いだが、個人的には錦之助の妻役の三田佳子が美しく印象的だった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696] [695] [694] [693]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
忍者AdMax
アーカイブ