忍者ブログ

マキノ雅弘監督の『日本侠客伝 浪花篇』を観た感想。

日本侠客伝 浪花篇』(65年)
監督:マキノ雅弘
脚本:野上竜雄、村尾昭、笠原和夫
撮影:三木滋人
音楽:斎藤一郎
出演:鶴田浩二、高倉健、大友柳太朗、村田英雄、里見浩太郎、藤山寛美、長門裕之、南田洋子、入江若葉、五月みどり、八千草薫

初見。
大正時代の大阪を舞台としたシリーズ第2作。
やはり、前作とはなんのストーリー的つながりもないが、前作以上に楽しめた。

クレジット上は鶴田浩二が主演だが、実質的には高倉健の主演作。
ただ、この映画では村田英雄がびっくりするくらいいい。
長門裕之もいい感じだし、若い頃の八千草薫の美貌にも改めて驚かされた。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[708] [707] [706] [705] [704] [703] [702] [701] [700] [699] [698]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ