忍者ブログ

石井輝男監督の『続 網走番外地』をDVDで観た感想。

続 網走番外地』(65年)
監督・脚本:石井輝男
音楽:八木正生
撮影:山沢義一
出演者:高倉健、嵯峨美智子、アイ・ジョージ、三原葉子、中谷一郎、安部徹、嵐寛寿郎

シリーズ第2作目。
1作目は白黒だったが、この作品はカラー。
タイトルとは裏腹に、舞台は青森、内容も“網走刑務所”とはほとんど無関係。
宝石入りの毬藻を巡る、ありがちなアクション映画となってしまった感は免れず。
ただし、内容は充分に面白い。
この映画でも“八人殺しの鬼寅”嵐寛寿郎の登場シーンは最高だ。
ストリッパー役の三原葉子も決して美人ではないが、“お色気”という言葉がピッタリのいかにもそれらしい存在感を発揮している。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[701] [700] [699] [698] [697] [696] [695] [694] [693] [692] [691]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ