忍者ブログ

以前別サイトにて書いたフランソワ・トリュフォー監督作品のレビューの転載の続きです。(一部手直しあり)
今回は『華氏451』。
image36.jpg
FAHRENHEIT 451』 (66年)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー、ジャン=ルイ・リシャール
撮影:ニコラス・ローグ
音楽:バーナード・ハーマン
出演:オスカー・ウェルナー(モンターグ)、ジュリー・クリスティ(リンダ・モンターグ/クラリス)、シリル・キューサック(消防隊長)
112分、カラー

書物を読むことが禁じられた未来社会。書物の捜索と焼却を任務とする消防士のモンターグは、偶然出会ったある女性の影響で、本の存在を意識し始める…というのが映画の簡単な内容。
 
レイ・ブラッドベリのSF小説をトリュフォーが映画化したもので、タイトルの『華氏451』とは書物に火がつき、燃え上がる温度のこと。
英語の出来ないトリュフォーがイギリスに渡り、英語で撮らざるを得なかったイギリス映画です。
またこれは、トリュフォー初のカラー作品でもあり、彼が手掛けた唯一のSF作品となりました。

ただ、SFとはいっても、もともとSF嫌いの彼のことですから、あまりそれを強調した場面は多くなく、書物の禁じられた未来社会を描くことで、逆に彼の書物に対する愛情を投影した作品となっています。
その意味では書物そのものが主役の映画であるとも言え、その点、まさにトリュフォーならではの題材と言えますが、映画そのものの雰囲気は彼らしい愉しさと暖かさに欠ける気が…。

それは主役のモンターグの人間性が今一つ上手く伝わってこず、やけに冷たい人柄のように感じてしまうせいかもしれません。
おそらく、モンターグを演じるオスカー・ウェルナーとトリュフォーの関係がこの映画の撮影中上手くいかず、お互いに反駁し合っていたということが原因なのではないでしょうか。(実際この撮影が原因で、トリュフォーとウェルナーはトリュフォーの死の直前まで仲違いしていました)

一方、2役を演じるジュリー・クリスティの美しさと存在感が作品に潤いを与えており、この映画の最大の魅力と言えるでしょう。
ただ、その2役も役柄の人間性がよく伝わってこない点はモンターグ同様で、なんとも惜しい気がしてなりません。

ラストの森のシーンは、個人的にゴダールの『ウィークエンド』の森のシーンを思い出しました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
機械的なSF
SFって事で… 全編に渡って機械的な感のする作品ですね。ジュリー・クリスティが好きなんで最初に観たのですが、彼女の魅力も前面に出てこないです。ただストーリーはなかなか面白いものでした。タイトルバックに流れてたハーマンが作曲した序曲の煽るようなサウンドがこの作品を象徴してるって思います。
ジュリアン 2009/02/07_Sat_20:47:51 編集
印象的なタイトル!
トリュフォー監督作品
続々登場で嬉しいです!
作品は頑張ってたくさん鑑賞しましたが記事にしてるのが少なくて・・・
でもこれは先日のTV放送で再鑑賞したので書いてました
何とも不思議なSF作品でしたね
本がドンドン燃やされるシーンでは"もったいない"と思ってしまいました(v_v)
TBさせていただきますね
Astay URL 2009/02/08_Sun_13:21:34 編集
ハーマン!
ジュリアンさん
TBありがとうございます。
トリュフォー作品とすれば異質な作品ですよね。
どこまで本気なのか分からないところが面白いといえば面白い作品でした。
ハーマンの音楽も印象的でしたね。
マサヤ@管理人 URL 2009/02/08_Sun_22:56:32 編集
華氏451
Astayさん
TBありがとうございます。
本が燃やされるシーンは確かに“勿体無い!”と思っちゃいますよね。
トリュフォーらしからぬ、なーんか不思議な作品でした。
マサヤ@管理人 URL 2009/02/08_Sun_23:04:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
トリュフォーの予告した世界… 『華氏451』
昨日仕事中に転倒して右ひじのスジ炎症&捻挫しちゃいました、情けない… 右手が思うように動かないけどぼちぼちとゆっくりUPしていきますわ 今回はフランソワ・トリュフォーのSF作品 『華氏451』 オスカー・ウエルナー、ジュリー・クリスティ主演 近未来の話 この世界は読書禁止 情報はすべてTV 書物を発見されれば捕まり本は焼却されてしまう 本を焼く楚書隊のモンターグ(ウエルナー)は妻にそっくりな学校の教師であるクラリス(クリスティ)に恋をする 彼女は妻と違い熱意のある女性 そして彼女は本...
URL 2009/02/07_Sat_20:49:01
『華氏451』&撮影日記『ある映画の物語』
===== 華氏451 FAHRENHEIT 451 (1966・英、仏)☆☆☆ ===== 監督: フランソワ・トリュフォー 出演: オスカー・ウェルナー, ジュリー・クリスティ,シリル・キューザック 読書を禁じる近未来社会 そこでの《消防士》の仕事は禁止されている書物の捜索と焼却 モンターグ(O・ウェルナー)はその消防士のなかでも有望な隊員だった ある日彼はクラリス(J・クリスティ)という本を隠し持つ一人の若い女性と知り合う あらゆる知識や情報はすべてテレビによって...
URL 2009/02/08_Sun_13:13:46
[246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ