忍者ブログ

エリア・カザン監督の『影なき殺人』を国内盤DVD(ジュネス企画)で観た感想です。
image41.jpg
BOOMERANG』(47年)
監督:エリア・カザン
脚本:リチャード・マーフィ
撮影:ノーバート・ブロダイン
音楽:デヴィッド・バトルフ
出演:ダナ・アンドリュース、リー・J・コッブ、ジェーン・ワイアット、アーサー・ケネディ、サム・レヴェン、ロバート・キース、テイラー・ホームズ、エド・ベグリー、カール・マルデン、カーラ・ウィリアムズ、バリー・ケリー

実話を元にしたというセミ・ドキュメンタリー・タッチのサスペンス映画で、製作年代を反映してか、フィルム・ノワール色も感じられる作品。

作品自体、内容も大変面白く、テンポもいい。
ユーモアにも富んでいます。
傑作とか名作とかいった風格には乏しいかもしれませんが、これはなかなかの良作ではないでしょうか。
とりわけ、映画後半で検事が目撃者たちの数々の証言を覆してゆく展開は見事でした。

キャストも一見地味ながら、この時代のアメリカ映画をよく観ている人なら、知る顔知る顔のオンパレードではないかと思われます。
悪役のイメージが非常に強いリー・J・コッブが良い人の役を演じている映画を観たのはこれが初めてかもしれません。
もちろん、検事役のダナ・アンドリュースも素晴らしかったです。
ポール役の俳優は、最後のフィルム・ノワールとも言われているロバート・ワイズ監督の『拳銃の報酬』(59)にも出演しているエド・ベグリー
記者役を演じているヒゲの俳優はロバート・シオドマク監督の『殺人者』(46)で刑事役を演じていたサム・レヴェンでした。
カザン作品の常連、カール・マルデンも刑事役で出演しています。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ