忍者ブログ

以前別サイトにて書いたフランソワ・トリュフォー監督作品のレビューの転載です。(一部手直しあり)
今回は『夜霧の恋人たち』。

5ff8a6a2.gifBAISERS VOLES』 (68年)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー、クロード・ド・ジヴレー、ベルナール・ルヴォン
撮影:ドニ・クレルヴァル
音楽:アントワーヌ・ドゥワメル
出演:ジャン=ピエール・レオー(アントワーヌ・ドワネル)、クロード・ジャド(クリスチーヌ・ダルボン)、デルフィーヌ・セイリグ(ファビエンヌ・タバール)
92分、カラー

原題の意は『奪われた唇』。
大人は判ってくれない』、『二十歳の恋』に続く“ドワネルもの”の第3作に当たる作品です。
アントワーヌが軍隊を除隊し、職業を二転三転、人妻にうつつをぬかしながらも結婚を決意するまでがここでは描かれています。

全体にコメディタッチで生き生きとしたテンポ感があり、なんともいえない明るい幸福感のある作品となっており、それがとても魅力的。
アントワーヌ・ドワネルという愛すべき人物のいかがわしさ、いい加減さが全面的に披露され、目が離せません(笑)。
特に、探偵事務所に勤め、晴れて探偵となったアントワーヌのダメっぷりには笑わされます。

そして、ここで初めて登場することになるクロード・ジャド
アントワーヌの婚約者となるクリスチーヌを演じていますが、とても初々しい魅力があり、(ここでは)アントワーヌとは実にお似合いのカップルです。

去年マリエンバートで』や『ブルジョワジーの密かな愉しみ』などで知られる女優、デルフィーヌ・セイリグの出演も嬉しいところ。
なんともエレガントな美しさで、アントワーヌならずとも心動かされますが、特に、彼女が初めて登場する、閉店後の靴屋でアントワーヌが彼女を認める場面は、実に詩的で素晴らしいシーンです。
また、アントワーヌが勤める探偵事務所の面々も個性的な連中ばかり。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
アントワーヌとクリスチーヌ
『奪われた唇』が『夜霧の恋人たち』になっちゃうのですか・・・
邦題って面白いですね

デルフィーヌ・セイリグは本当に上品なお方で
社長夫人の役がピッタリでしたよね
あのツートンカラーの靴を履く場面もとても優雅でした

アントワーヌの婚約者のクリスチーヌ
彼女もイイ雰囲気でした
アントワーヌが小柄なので釣り合う様な可愛らしい女優さんを監督は選んだのでしょうね
Astay URL 2009/02/18_Wed_00:35:59 編集
夜霧の恋人たち
Astayさん
この邦題はなかなかの傑作だと思います。
昨今の映画の邦題の貧困さを思いますに、この頃の洋画の邦題は素晴らしいものが多いですね。

デルフィーヌ・セイリグ、良かったですね。
声も素敵な人です。
クリスチーヌを演じたクロード・ジャドも良いです。
トリュフォーは女優のキャスティングの上手い監督さんですね。
マサヤ@管理人 URL 2009/02/19_Thu_00:53:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ