忍者ブログ

以前別サイトにて書いたフランソワ・トリュフォー監督作品のレビューの転載です。(一部手直しあり)
image39.jpg今回は『柔らかい肌』。

LA PEAU DOUCE』 (64年)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー、ジャン=ルイ・リシャール
撮影:ラウル・クタール
音楽:ジュルジュ・ドルリュー
出演:ジャン・ドサイ(ピエール・ラシュネー)、フランソワーズ・ドルレアック(ニコル・シュメット)、ネリー・ベネデッティ(フランカ)
118分、モノクロ

文芸評論家の中年男性と、若いスチュワーデスの不倫模様を描いた作品。
男女の、恋愛に至るまでの微妙な心理の変化と、繊細な恋愛心理を巧みに描き出したサスペンスチックな恋愛劇であり、その繊細な心理描写がいかにもトリュフォーらしい。
中でも、エレベーターの中で2人が互いを認め合うシーンが印象的。
映像の細かいカット割りが、両者の心理状態を丁寧に写し出していて見事です。

ヒロインのニコルを演じるフランソワーズ・ドルレアックは、ご存知のようにカトリーヌ・ドヌーヴの実の姉で、後に交通事故で早逝してしまったため、トリュフォー作品への出演はこれだけになったのが大変に惜しい。
主演作品の代表作としては、この作品とジャック・ドゥミ監督の『ロシュフォールの恋人たち』が挙げられるのではないかと思われます。
この映画では、ミステリアスな存在感がとても魅力的で、特にバーで明るく踊るシーンが個人的には好きです。

メルヴィルの『いぬ』や『リスボン特急』にも出演している名優ジャン・ドサイ演じる文芸評論家ピエール・ラシュネーは、中年男性という設定であり、また役柄の性格も優柔不断で、あまり魅力的な役柄とは言い難いのは事実です。
感情をほとんど表に出さないこともあり、観ていて今一つ感情移入しにくいきらいもありますが、それに関してはトリュフォー自身の指示によるものだったとのことで、これはこれでしょうがないのかもしれません。
むしろ、ジャン・ドサイの持ち味と存在感によって、映画全体に落ち着いた雰囲気がもたらされたことを可とすべきなのではないかと思われます。
実際の撮影では、トリュフォーとドサイの関係はあまり良くなかったらしいのですが…。

あと、なんといってもラウル・クタールによるモノクロの映像の美しさは特筆モノの素晴らしさですし、ヒッチコックの演出を彷彿とさせる、後半の写真のくだりからラストにかけての緊迫感も素晴らしい。
あと、奥さんがコワイ…(笑)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
魅力的な女優さんです
マサヤさん
フランソワーズ・ドルレアック
本当に綺麗な女優さんでした!
私が初めて観た彼女の作品はベルモンドと共演の『リオの男』でしたが
若くして亡くなってらっしゃるので
どの作品の彼女も本当にも輝いてます
でも、トリュフォー監督とのこの作品『柔らかい肌』は格別かと、、、
ドサイ氏の中年の魅力も印象的です(笑)

以前記事に書いてましたのでTBさせていただきますね
Astay 2009/02/02_Mon_23:21:25 編集
フランソワーズ・ドルレアック
Astayさん
コメント&TBありがとうございます。
そうそう、フランソワーズ・ドルレアックは『リオの男』にも出てましたね。
思い出しました。
それでも、この『柔らかい肌』は格別だと私も思います。
評価は分かれるようですが、個人的には好きな作品なので、また近く見直してみたい作品です。
マサヤ@管理人 URL 2009/02/03_Tue_00:46:49 編集
ドルレアックが素敵!
この作品を観てドルレアックの魅力にハマりました。妹ドヌーブよりも姉さん!ってこの一作で思っちゃいました。ドサイ扮するピエールの優柔不断さがあってニコルの魅力が倍増してるんじゃないかって考えます。ホテルでのぎこちない目と目のシーンが個人的には大好きですね。あのドルレアックの表情、素敵です!
ジュリアン 2009/02/05_Thu_00:55:34 編集
柔らかい肌
ジュリアンさん
私ももしかしたらドヌーヴよりドルレアックの方が好みかもしれません。
ここ数年見直していないので細かいところは覚えていないのですが、ますます見直したくなりました(DVD持ってますが観る時間が取れません…)
マサヤ@管理人 URL 2009/02/05_Thu_22:23:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『柔らかい肌』(1964・仏)
[[attached(1)]] === 柔らかい肌 LA PEAU DOUCE /THE SOFT SKIN (1964・仏) === 監督: フランソワ・トリュフォー 脚本: フランソワ・トリュフォー、ジャン=ルイ・リシャール 出演: ジャン・ドザイー、フランソワーズ・ドルレアック ピエール(J・ドザイー)は44歳、文芸雑誌の編集長で著名な評論家 公演に出向くため乗ったリスボン行きの飛行機で 美しいスチュワーデス・ニコル(F・ドルレアック)と出会う...
URL 2009/02/02_Mon_23:22:30
再見!悪さできなくなる作品… 『柔らかい肌』
フランソワ・トリュフォーの『柔らかい肌』を久々に鑑賞 ジョルジュ・ドルリューのサントラについては1年前ぐらいに記事にして 今回久々にビデオ引っ張り出してきました 『柔らかい肌』(1964) 監督・脚本 フランソワ・トリュフォー 出演 ジャン・ドサイ、フランソワーズ・ドルレアック、ネリー・ベネデッティ 音楽 ジョルジュ・ドルリュー 手が絡み合うタイトルバックにドルリュー作曲のテーマが瞬時流れる このシーンに作品の雰囲気が全て凝縮されてる感じ 文芸評論家ピエール(ドサイ)と...
URL 2009/02/05_Thu_00:56:18
[243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ