忍者ブログ

ジャン・ルノワール監督の『どん底』を国内盤DVD(ジュネス企画)で観た感想です。

image63.jpgLES BAS-FONDS』 (1936)
監督:ジャン・ルノワール
脚本:ジャン・ルノワール、シャルル・スパーク
撮影:F・ブルガース、ジャック・メルカントン
音楽:ジャン・ウィエネル
出演:ジャン・ギャバン、ルイ・ジューヴェ、シュジー・プリム、ジュニー・アストル、ウラジミール・ソコロフ、ジャニー・オルト

 
ロシアの文豪ゴーリキーの原作を映画化したもの。
原作は読んでません。

再見。
ゴーリキーの『どん底』の映画化といえば、黒澤明監督の『どん底』(57年)も有名です。
私も過去に黒澤版を観ていますが、あちらはあまりにリアリティにこだわり過ぎた結果でしょうか、長屋の汚らしさが直に感じられて、正直なところ、素直に楽しめませんでした。
内容はそれなりに面白かったのですが。

それに比べると、 このルノワール版は、ジャン・ギャバンを始めとする“どん底”の住人たちと、ルイ・ジューヴェ演じる落ちぶれ貴族のエピソードがバランス良く、親しみやすい印象。
人々に向ける視線がいかにもルノワール的な温かさという感じ。

image64.jpgそれに、なんといっても、ジャン・ギャバンルイ・ジューヴェの共演がいい。
とりわけ男爵役を演じるルイ・ジューヴェの演技が圧巻
アクの強い俳優なので、これまでは少々苦手と感じることもありましたが、この作品の演技の見事さには脱帽しました。

ジャン・ギャバンの良さも言うまでもなく、実にいきいきとした演技です。
とりわけ怒りの表現が素晴らしい。
ファム・ファタール的役柄を演じるシュジー・プリムの存在感も凄い。
黒澤版で山田五十鈴がやっていたのも強烈な印象でしたが。

“どん底”の住人たちも芸達者が揃っており、バッハのカンタータ風を思わせるジャン・ウィエネルの音楽も映画に溶け込んでいます。

国内盤DVDの画質はこのメーカーのものとしてはまずまず。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ