忍者ブログ

image66.jpgモラン神父』(61年)はジャン=ピエール・メルヴィル監督の傑作の一つですが、日本ではいまだ劇場未公開。
もちろん、ビデオ化、DVD化もされておりません。
メルヴィル監督というと、“男性映画”というイメージがあり、もちろんそれは間違いではありませんが、この『モラン神父』はジャン=ポール・ベルモンド主演作ではあるものの、内容を観ますと、女優エマニュエル・リヴァ(代表作に『二十四時間の情事』)が主演の作品と言ってよく、事実上“女性映画”と言ってもおかしくない作品なのです。

内容的にはメルヴィル監督作品らしく、いかにも地味なのですが、エマニュエル・リヴァのキメ細かな演技が実に素晴らしく、それを引き出したメルヴィル監督の演出能力を実感できる作品となっています。
また、アンリ・ドカの陰影深いモノクロ映像もまた実に見事です。(ドカの傑作の一つだと思います)

もちろん、あのジャン=ポール・ベルモンド神父役を演じているという異色作でもあり、内容的に宗教をテーマとした映画という側面もあることはあるのですが、当のメルヴィル監督は信仰心の問題にはさほど関心がなく、むしろ全く立場の異なる男女の関係性を描きたかった作品のようなのです。

昨今のメルヴィル作品の国内DVD化事情を鑑みますに、そろそろDVD化されてもおかしくない状況ではあると思います。
可能性としては、このところメルヴィル作品やジャン=ポール・ベルモンド主演作が続々とDVD化されているユニバーサルが最も高いでしょう。
もちろん、最近頑張っている紀伊国屋書店あたりから発売されるとしたら、これはこれでとても嬉しいですが。

個人的に、この作品のDVDは、フランス盤、BFI盤(イギリス盤)のDVDを所有しておりますが、鑑賞上フランス盤は字幕がないので問題外、イギリス盤も私の語学に問題ありでなかなか充分にこの作品を楽しめない状態です。
是非とも、国内盤の字幕で、この作品を心行くまで楽しみたいと思っているのですが。

ところで、現在YouTubeには何点かの『モラン神父』の映像がアップされています。(削除される可能性もあり)

予告編
ベルモンドとリヴァの対話のシーン』(実際の映画とは無関係な音楽入り)
女同士のケンカのシーン
後半の抜粋
ベルモンドの説教シーン』(実際の映画とは無関係な音楽入り)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もっとメルヴィル作品の国内盤DVD化を…
『モラン神父』未見なので、是非とも国内盤DVD化して頂きたい作品ですね。

エマニュエル・リヴァは『二十四時間の情事』での演技も非常に魅力的でしたし、主演がベルモンドで、撮影がアンリ・ドカのモノクロの映像美となれば、完全に国内盤DVD化すべきです。

最近、本当に調子良くメルヴィル作品が国内盤DVD化になってますからね。『賭博師ボブ』が5月に国内盤DVD発売ですから、この調子の良い勢いで、8月に『モラン神父』11月に『ギャング』という具合になれば非常に嬉しいのですが…。

でも本当にそうなる予感が…します…(笑)。

66 2009/03/11_Wed_01:40:51 編集
モラン神父
66さん
『モラン神父』観たいという人、多いと思うんですよね。
メルヴィルファンでなくても、ベルモンドの神父役というだけでも興味深々だと思うんです。
作品自体素晴らしい作品ですから、是非とも年内の国内DVD化を期待したいですよね。

エマニュエル・リヴァは昨年自身が撮影した写真集の宣伝で来日しましたね。
彼女がこの作品をどう思っているかも興味深いです。
マサヤ@管理人 URL 2009/03/11_Wed_10:12:54 編集
エマニュエル・リヴァのこと
初めまして。いつも楽しく拝見しております。

こちらのブログを存じ上げました頃は、まさか国内でDVD化されるとは思いませんでした…。夢のようです。

「モラン神父」では、エマニュエル・リヴァのレズビアン志向や同僚とのキャットファイトも描かれていますが、本人の清楚な雰囲気のせいかいやらしい感じがしないのがいいですね。「ヒロシマモナムール」のベッドシーンも痛々しい感じが強いですし。

数年前に彼女のドキュメンタリー番組を見たことがあるのですが、実際の彼女は明るくシャキシャキとした方でした。「ヒロシマ」のイメージが強過ぎたせいか、理屈っぽいイメージが付いてしまったのは残念です。
のんちゃん 2011/07/30_Sat_12:06:34 編集
エマニュエル・リヴァ
のんちゃんさん、はじめまして。

『モラン神父』の国内DVD化、私もいまだに信じられません。
そうとう地味な内容の映画ですが、amazon等の評価を見ますと、意外なほど評価も高いですね。
嬉しいかぎりです。

それはそうとエマニュエル・リヴァ、なんとも魅力的な女優ですね。
それだけに『ヒロシマ』以外の出演作がほとんど日本で紹介されていないのは残念です。
ご紹介のドキュメンタリー番組は見ておりませんが(数年前に写真展で来日した時のものでしょうか?)、素顔の彼女も魅力的なようですね。
マサヤ@管理人 2011/08/01_Mon_01:08:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
モラン神父 Léon Morin, prêtre
「モラン神父」(Léon Morin, prêtre)は1961年のフランス/イタリア映画。ジャン=ピエール・メルヴィル脚本/監督とアンリ・ドカエ撮影の黄金コンビで製作された映画。 第二次世界大戦中、イタリア軍やドイツ軍の占領下にあるフランスのとある町が舞台の映画です。…
URL 2011/06/05_Sun_14:46:50
[264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ