忍者ブログ

クロード・ソーテ監督の『ギャルソン!』を国内盤DVDで観た感想です。

46a484e2.jpegGARCON!』(83年)
監督:クロード・ソーテ
脚本:ジャン=ルー・ダバディ、クロード・ソーテ
撮影:ジャン・ボフェティ
音楽:フィリップ・サルド
出演:イヴ・モンタン、ニコール・ガルシア、ジャック・ヴィルレ、ベルナール・フレッソン、マリー・デュボワ

初見。
クロード・ソーテ監督作品らしいあまり山谷のないストーリー展開は、人によっては退屈に感じられる方もいるかもしれませんが、個人的にはその淡々とした流れが心地良かったです。

初老のイヴ・モンタンがほぼ出ずっぱりの、正にイヴ・モンタンのための映画と言ってよく、そのギャルソンぶりが素晴らしく魅力的。
クロード・ソーテ監督との相性も抜群で、モンタンの俳優としての魅力が最高に発揮された作品と言ってよいでしょう。(ファッションも良かったです)

奇人たちの晩餐会』(フランシス・ヴェベール監督、98年)が鮮烈な印象に残っているジャック・ヴィルレが、ここでは友人ジルベール役を好演しています。
その独特の風貌と相まって、その佇まいにはどこか哀感が漂います。
そのジャック・ヴィルレと対立する、ガミガミ喧しい料理長役を演じたベルナール・フレッソン、どこかで観たなと思いましたら、コスタ・ガヴラス監督の『Z』でもモンタンと共演していました。

相手役のニコール・ガルシアも、特別美人でないものの、どこか大人の魅力を感じさせる女優。
他に、マリー・デュボワの出演も嬉しいかったです。
フィリップ・サルドの軽やかな音楽が作品を華麗に彩って最高に魅力的。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ギャルソン!
これはフランス映画の名作ですね。私も大好きな作品です。
いつもは接客サービスに身も心もうちこんでいるギャルソン仲間たちが
高級レストランに陣取って客としてサービスに身を委ねるラスト間近の場面は何度見ても素晴らしいです。
モンタンのエンターテイナーとしての軽やかな身のこなしが、
主人公のギャルソンにぴったりフィットしている様も見ごたえあります。
出演者一人一人を丁寧に紹介するエンドクレジットも素敵ですし、
それにかぶさるサルドの音楽もまた絶品です。
チェイサー 2009/04/18_Sat_17:30:18 編集
クロード・ソーテ
チェイサー様
クロード・ソーテの作品はいい作品ばかりですが、これも実にいい作品でしたね。
もっと早く観るべきでした。
ご指摘のギャルソン仲間たちの場面はとりわけ感動的ないい場面でしたね。
エンドクレジットもおっしゃる通りステキでした。
マサヤ URL 2009/04/18_Sat_22:43:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ