忍者ブログ

以前挙げた私の好きなジャズ・アルバム・ベスト20の中から今回取り上げるのは②(順位ではありません)に挙げたミハエル・ナウラ・クインテット『EUROPEAN JAZZ SOUNDS』
 
108_m.jpgMICHAEL NAURAEUROPEAN JAZZ SOUNDS』(63年)
①Three Seconds②Night Flower③Dr. Jekyll④Down In The Village⑤Gruga Mood⑥Sere  
MICHAEL NAURA(p) PETER REINKE(as) WAOLFGANG SCHLUTER(vib) WALFGANG LUSCHERT(b) JOE NAY(ds)

ミハエル・ナウラ・クインテットはドイツ人ピアニスト・ミハエル・ナウラがリーダーのコンボ。
これもヨーロピアン・ジャズの“幻の一枚”的な作品で、63年に録音された音源を近年、日本の澤野工房が復刻したもの。
このアルバムは全く音も試聴せずにジャケ買いした一枚だが、見事に“アタリ”だったもので、実際これまで何度聴いたか分からない。

サウンド的にはモーダルな印象の強いハードバップ。
先に述べたようにピアニストがリーダーのコンボだが、アルトサックスPETER REINKEヴィブラフォーンWAOLFGANG SCHLUTERのソロが印象的で、二人の演奏は聴く者に強いインパクトを残す。
とりわけ、WAOLFGANG SCHLUTERのヴィブラフォーンのソロはすべていい。

もちろん、コンボとしてのまとまりもあり、リーダーのミハエル・ナウラのソロもなかなか渋い。
個人的に残念な点はベースがサウンド的に今一つ存在感が薄いことくらいか。
楽曲もどれもいいが、①②④あたりが別格的な素晴らしさである。

澤野工房の関連ページへのリンク

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
“ヨーロピアン・ジャズ最高峰の幻の一枚"
このアルバムは“アタリ”でしたね。
私もこのジャケットの何ともいえない渋さと“ヨーロピアン・ジャズ最高峰の幻の一枚"という文句で即買いしました。

特に二曲目の『NIGHT FLOWER』でのアルトサックスどヴィブラフォンの演奏は最高ですね。
お酒飲みながら聴くのにぴったりですし、何だか『賭博師ボブ』のBGMなんかにかかってそうな雰囲気のある“こういう感じ”の曲が大好きですね。

四曲目の『DOWN IN THE VILLAGE』は、タビー・ヘイズのライブ盤での演奏が最高ですが、このアルバムでの演奏もなかなか素晴らしいですよね。

このアルバム、久しぶりにじっくり聴きましたが、やはり良いですね。
本当に“アタリ”のアルバムでした。

66 2009/10/30_Fri_01:56:40 編集
『EUROPEAN JAZZ SOUNDS』
66さん
映画もそうですが、ジャズで運良く“アタリ”に巡り合った時の嬉しさったらないですね。
ましてこれはジャケも内容も最高でした。
ご指摘の通り、このアルバムには『賭博師ボブ』はじめメルヴィルの映画のトーンに合いそうな曲が収められている点もいいですね。
マサヤ 2009/10/31_Sat_18:56:56 編集
[388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379] [378]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ