忍者ブログ
ビリー・ワイルダー監督の『深夜の告白』をレンタルビデオにて観た感想。
 
DOUBLE INDEMNITY』(44年)
監督:ビリー・ワイルダー
脚本:ビリー・ワイルダー、レイモンド・チャンドラー
撮影:ジョン・サイツ
音楽:ミクロス・ローザ
出演:フレッド・マクマレイ、バーバラ・スタンウィック、エドワード・G・ロビンソン
 
再見。
ジェームズ・M・ケインの原作をビリー・ワイルダーレイモンド・チャンドラーが共同で脚色した作品で、フィルム・ノワールの随一の傑作として有名な作品。
久しぶりに見直して堪能しました。
 
無駄のない展開、サスペンス性など、魅力的な要素に富んだ作品ですが、なんといってもバーバラ・スタンウィックのファム・ファタールぶり!
ファム・ファタールという言葉は彼女にこそ相応しいでしょう。
ちょっとした表情の演技も印象的。
 
主演のフレッド・マクマレイももちろん良いのですが、保険会社の調査員キーズを演じたエドワード・B・ロビンソンが実にイキイキと演じており、素晴らしい。
個人的には、この人は主役を張った時よりも、脇に回った時の方が存在感を発揮するような気がします。
 
ところで、共同で脚本を担当したワイルダーとチャンドラーはそりが合わず、関係は悪かったとか。
ことにまだ映画の仕事を始めたばかりのチャンドラーはかなりひどい目に合ったようです。

あと、この映画で忘れてはならないのは、ミクロス・ローザの緊張感のある見事なスコア。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ