忍者ブログ
久々に私の好きなジャズ・アルバム ベスト20から。

ジョン・コルトレーン唯一の来日公演を記録したアルバム『ライヴ・イン・ジャパン(完全版)』のCDは長らく廃盤となっていたが、先ごろめでたく再発された。
以前は4枚組CDとして発売されていたが、今回はSHM-CD仕様、そして来日時のインタビューも含めたCD5枚組
個人的に、ほとんどフリージャズと化したコルトレーンの晩年の演奏は苦手なものも実は多かったりするのだが、これは初めて聴いた時の衝撃があまりに強すぎたせいか、例外中の例外。
溢れ出る音の洪水に身を浸す歓びは筆舌に尽くしがたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
コルトレーンは ビートルズに 飽きた頃に ジャズ喫茶で バラード なんか よく流れてましたね。 フリージャズに なってからは sheet of Sound 音の 極限を 演奏した 当時は ジャズはコルトレーンでしたね。 個人的には バラード集が 好きですね!! 日本タイトルの コートにすみれを なんか タイトルで 気に入りましたね。 コルトレーンの 演奏に 対する姿勢は 異常だったみたいですね。 ライブ イン ジャパン みたいですね。
コルトレーン
南青山インテリアデザイナーさん
コルトレーンはある時期までは日本ではある意味マイルスよりも人気ありましたね。
人気の理由は求道者的な演奏姿勢もありますが、一つはバラード演奏の素晴らしさだったように思います。
来日公演の強烈さも大きかったかもしれません。
マサヤ@管理人 2012/02/29_Wed_11:09:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[06/11 スーパーコピーブランド]
[04/22 マサヤ@管理人]
[04/21 i960]
[12/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ