忍者ブログ

このところ40年代後半のアメリカ映画のフィルム・ノワール作品を続けて観ましたので、そのメモです。

●『闇の曲り角』(46年、監督:ヘンリー・ハサウェイ、出演:マーク・スティーヴンス、ルシル・ボール、クリフトン・ウェッブ)
●『死の接吻』(47年、監督:ヘンリー・ハサウェイ、出演:ヴィクター・マチュア、リチャード・ウィドマーク、ブライアン・ドンレヴィ)
●『情無用の街』(48年、監督:ウィリアム・キーリー、出演:マーク・スティーヴンス、リチャード・ウィドマーク、ジョン・マッキンタイア)

どれも20世紀FOXの作品なのですが、ほぼ同時期の作品ということもあって、監督、キャストなど、いろいろ共通点があります。
『闇の曲り角』と『情無用の街』の撮影はジョー・マクドナルド、『死の接吻』の撮影はノーバート・ブロダインです。

闇の曲り角
殺人事件に巻き込まれてしまう探偵のお話。
主演のマーク・スティーヴンスが魅力的。
風貌がコーネル・ワイルドとちょっと重なる印象がありますが、どことなくセルジュ・レジアニにも似ている気もします。
先日観た『ガラスの鍵』にも出ていたウィリアム・ベンディックスがここでも持ち味を発揮。
ヒロインのルシル・ボールの明るさがノアールとは異質な感もありますが、これはこれで魅力的。
『ローラ殺人事件』でも印象的だったクリフトン・ウェッブが、ここでも同じような役柄をこなしています。
ストーリーもなかなかよく出来ていて個人的にも好きな作品です。

死の接吻
主演のヴィクター・マチュアのキャラクターが若干魅力に欠けるものの、この作品で鮮烈デビューを飾ったリチャード・ウィドマークの存在感がなんとも印象的。
彼の怖さを印象付ける演出が見事。(画面に不在でも存在感を感じる!)
『闇の曲り角』と同じヘンリー・ハサウェイ監督の作品ですが、ストーリー的には『闇の曲り角』より一枚落ちる感はあるものの、冒頭の宝石強盗からエレベーターで下るあたりの緊張感のある描写など印象的。
やはり『ガラスの鍵』で悪徳政治家を演じていたブライアン・ドンレヴィが、ここでは全くイメージの異なる検察官役を好演。

情無用の街
FBIの内幕をセミ・ドキュメンタリー・タッチで描いた作品。
後半よく理解できないシーンがありましたが、ストーリー的にもかなり面白かった作品です。
これもやはり『闇の曲り角』と同じマーク・スティーヴンス主演作で、彼個人の魅力としては『闇の曲り角』の方が上という感じがしますが、ここでも、敵役のリチャード・ウィドマークの存在感が光ります。
『死の接吻』よりも後の作品ということもあって、演技にさらに磨きが掛かっている印象。
単にコワいだけでなく、人間的な愛嬌も感じさせるのが俳優としての彼の魅力でしょう。
主演作の『街の野獣』(監督:ジュールス・ダッシン)が観たい…。
あと、『アスファルト・ジャングル』(監督:ジョン・ヒューストン)のコミッショナー役ジョン・マッキンタイアが脇役で出ているのも嬉しいところ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
情無用の街
これも面白かったですね。潜入捜査ものとしては傑作の部類に入るのではないでしょうか。
ウィドマークはさすがの存在感でした。『死の接吻』も近いうちに見てみたいと思います。
ジョン・マッキンタイアは、西部劇『遠い国』の悪役が印象的でしたね。
TBさせていただきました^^
user t URL 2009/03/11_Wed_19:07:12 編集
ウィドマーク
user tさん
コメント&TBありがとうございます。
『情無用の街』、面白かったですね。
いかにもこの時代のアメリカ映画らしいドライなタッチが魅力的でした。
しかもウィドマークが良いですからね。
また見直してみたいです。
『遠い国』は未見ですが、ジョン・マッキンタイアが出ているということで興味が出てまいりました。
マサヤ@管理人 URL 2009/03/12_Thu_00:13:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『情無用の街』ウィリアム・キーリー監督(1948) ★★★☆
ギャングとFBIの対決を描いた、ドキュメンタリー・タッチの作品です。 <物語>第一次大戦後、相次ぐ殺人や強盗で荒廃していたセンター・シティ。FBIは、続発する殺人事件が同一の拳銃によって行われている事を嗅ぎつけ、優秀なエージェント、コーデル(マーク・スティーヴンス)を潜入捜査に投入。ギャングのボス、スタイルズ(リチャード・ウィドマーク)は、切れ者のコーデルを気に入り、やがて組織に引き入れる。コーデルは捜査を開始するが、警察内部にもコネを持つスタイルズは、彼がFBIの捜査官であること...
URL 2009/03/11_Wed_19:08:20
[306] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [333] [75] [74]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ