忍者ブログ

最近観た映画の続きです。

●『生きるべきか死ぬべきか』(42年、監督:エルンスト・ルビッチ、出演:キャロル・ロンバード、ジャック・ベニー、ロバート・スタック)

名人芸!と言いたくなるような見事な映画。
原題の『To Be or Not to Be』とは「ハムレット」の有名なセリフで、映画の中でも大きな意味合いを持ってくる言葉です。
ナチス・ドイツのポーランド侵攻という重いテーマを扱いながらも、内容はナチスを徹底的に皮肉っている。
スリラー的な手法とコメディが混合した得も言われぬ味わいがあります。
主演のキャロル・ロンバードはクラーク・ゲーブルの妻であったことでも知られる人で、“スクリューボール・コメディの女王”と呼ばれただけあって、容姿の美しさも含めて素晴らしい。
最近出たばかりの国内盤DVDで観たが、画質は良いが、字幕が分かりにくくて最悪。
しかし、映画は最高。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[84] [83] [306] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [333]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/23 mon]
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ