忍者ブログ
ステレオサウンドに予約していた松田聖子SACDNorth Wind』、『Silhouette~シルエット~』の2枚が届き、さっそく聴いた。


昨年秋、ステレオサウンドから松田聖子の80年代のアルバム6枚がSACD化された。
昨年発売された分は私は運良くすべて買い揃えたが、現在は完売。

今回は、これまでSACD化されていなかった80年代のアルバム6枚が順々に2枚ずつSACD化されることになり、今回まず『North Wind』、『Silhouette~シルエット~』の2枚が発売されたという次第。

とにかく、若い頃の聖子さんの歌声を良い音質で聴く喜び、これは他の何物にも代えがたい。
昨年、SACDでアルバム『Candy』の1曲目『星空のドライブ』を耳にした瞬間、鮮かな音質で再現された聖子さんの音楽の魅力にノックアウトされ、涙した。
このSACDシリーズが”私の聖子リバイバル”に大きな役割を果たしたことは確かである。

実際のところ、私にはSACDを再生する機材はなく、日頃それほどオーディオにこだわっているわけではない。
聖子さんのSACDはハイブリッド仕様なので私はCD層の音で楽しんでいるのだが、それでもこれまで発売されていた他のCDに比べると音質の違いは歴然である。

もちろん、聖子さんのアルバムは今やハイレゾでも聴くことができるようになっている。
しかし、配信で音楽を聴く習慣のない私のような古いタイプの人間には、CDとかレコードといった、形となったソフトの方がどうしても馴染みがある。

ちなみに今回発売された『North Wind』(80年)と『Silhouette~シルエット~』(81年)はそれぞれ聖子さんのセカンドアルバム、サードアルバムにあたる。
ジャケットの”聖子ちゃんカット”でも分かるように、デビュー当時の聖子さんのはち切れんばかりの若々しい歌声が記録された奇跡のようなアルバムである。

二つのアルバムとも内容の素晴らしさは今さら言うまでもない。
既にSACD化されたファーストアルバム『SQUALL』と同様、初期にもかかわらず楽曲のレベルの高さには驚くばかり。
アレンジ一つ取っても、よくぞここまで!と驚くほどよく作りこまれており、本当に宝物のようなアルバムである。

今回聴いてみて、個人的に『Silhouette』の良さに改めて感動させられた。
正直言って、これまで私の中では『Silhouette』は他のアルバムに比べると若干評価が低かった。
しかし、今回SACDで聴き直してみて、それは間違いだったことに気づいた。
楽曲も『SQUALL』、『North Wind』に全く劣らない出来栄えであるが、なにより聖子さんのヴォーカルが最高なのだ。

まだ殺人スケジュールで喉を壊す前の自信に溢れたはつらつとした歌声は正に圧巻。
それに加え、デビュー時より更に進化した表現力が相まって、えにも言われぬ耳の快感が味わえる。

殺人スケジュールの影響でこの後すぐ聖子さんの声は大きく変化する。
もちろん、”キャンディ・ボイス”に変化した後の聖子さんの声も好きだが、本当に凄かった頃のヴォーカルが聴けるのはこの『Silhouette』までである。
それを思うと、尚一層この二つのアルバムに対する愛おしさが増すのだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [846] [845] [844] [843]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ