忍者ブログ

●『黒い十人の女』(61年、監督:市川崑、出演:山本富士子、岸恵子、船越英二)

ノワールチックな題名、クールなDVDパッケージに惹かれてレンタルした作品。
内容は多くの愛人を持ったテレビ局勤務の男を、その妻と愛人が結託して殺す計画を立てるという、クルーゾー監督の『悪魔のような女』で観たような内容。
しかし、この作品の印象はサスペンスというよりブラック・コメディという感じ。
殺される(?)男役の船越英二も、とぼけた味わいで、全く男らしさを感じさせない人物像。
しかし、モテル男とは実際はこんなものなのだろう。
本妻役の山本富士子と愛人役の岸恵子が素晴らしく、この二人のシーンはどれも見応え充分。
ことに山本富士子の声、セリフの言い回しが大変美しく、これは昨今の日本映画、いや、日本社会において、ついぞ聞けないものなのではないか。(もちろん、別の意味で原節子のそれにも同様の印象を受けるが)
脚本は、市川崑監督の奥方、和田夏十。
偶然にも、この文章を書いているうちに、市川崑監督の訃報に接した。
謹んで哀悼の意を表したい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [119] [118] [117] [116]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ