忍者ブログ

4794965931.jpgサムライ-ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生」(ルイ・ノゲイラ著 井上真希訳 晶文社刊)のインタビューの中で、メルヴィル監督が挙げていた「63人の戦前のアメリカの映画監督」のリストをここに転記してみます。

メルヴィル監督が、このリストに挙げる条件は何かというと、「たった一本、私を熱狂させる映画を撮っただけで十分だった。」(「サムライ」)とのこと。
あと、トーキー以後という条件のもとでのリストのようです。

面白いことに、このリストはカイエ・デュ・シネマ誌の61年10月号に初めて掲載されたらしいのですが、その時はなぜか64人の名前が載っていたとのことです。
そこで、実際その64人のリストが記載されている「Jean-Pierre Melville An American In Paris」(ジネット・ヴァンサンドー著)と、ルイ・ノゲイラ著「サムライ」のリストと照らし合わせてみますと、「サムライ」では「Cecil B.Demille」の名前が抜けていることが分かります。
実際、「サムライ」(33ページ)を読みますと、メルヴィルは、デミルを監督としてより俳優として高く評価していることを強調しておりますので、後にあえてリストから外したのかもしれません。

チャップリン
がリストに入っていないのは、「彼は神様で、したがってどんな格付けにも入らないから」(「サムライ」)とのこと。
なお、ここでは「サムライ」から転記したカタカナ表記の他に、便宜上、番号と「Jean-Pierre Melville An American In Paris」に記載されていたローマ字表記を併記します。

1. ロイド・ベイコン Lloyd Bacon
2. バスビー・バークレイ Busby Berkeley
3. リチャード・ボレスラウスキー Richard Bleslavski
4. フランク・ボザーギ Frank Borzage
5. クラレンス・ブラウン Clarence Brown
6. ハロルド・S・バケット Harold S.Bucquet
7. フランク・キャプラ Frank Capra
8. ジャック・コンウェイ Jack Conway
9. メリアン・C・クーパー Merian C.Cooper
10. ジョン・クロムウェル John Cromwell
11. ジェームス・クルーズ James Cruze
12. ジョージ・キューカー George Cukor
13. マイケル・カーティス Michael Curtiz
14. ウィリアム・ディターレ William Dieterle
15. アラン・ドワン Allan Dwan
16. レイ・エンライト Ray Enright
17. ジョージ・フィッツモーリス George Fitzmaurice
18. ロバート・フラハティ Robert Flaherty
19. ヴィクター・フレミング Victor Fleming
20. ジョン・フォード John Ford
21. シドニー・フランクリン Sidney Franklin
22. テイ・ガーネット Tay Garnett
23. エドマンド・グールディング Edmund Goulding
24. アルフレッド・E・グリーン Alfred E.Green
25. エドワード・グリフィス Edward Griffith
26. ヘンリー・ハサウェイ Henry Hathaway
27. ハワード・ホークス Howard Hawks
28. ベン・ヘクト Ben Hecht
29. ガースン・ケニン Garson Kanin
30. ウィリアム・キーリー William Keighley
31. ヘンリー・キング Henry King
32. ヘンリー・コスター Henry Koster
33. グレゴリー・ラキャーヴァ Gregory La Cava
34. フリッツ・ラング Fritz Lang
35. シドニー・ランフィールド Sidney Lanfield
36. ミッチェル・ライゼン Mitchell Leisen
37. ロバート・Z・レオナード Robert Z.Leonard
38. マーヴィン・ルロイ Mervyn Le Roy
39. フランク・ロイド Frank Lloyd
40. エルンスト・ルビッチ Ernst Lubitsch
41. レオ・マッケリー Leo Maccarey
42. ノーマン・Z・マクロード Norman Z.Mcleod
43. ルーベン・マムーリアン Rouben Mamoulian
44. アーチー・メイヨ Archie Mayo
45. ルイス・マイルストン Lewis Milestone
46. エリオット・ヌージェント Elliot Nugent
47. ヘンリー・C・ポッター Henry C.Potter
48. グレゴリー・ラトフ Gregory Ratoff
49. ロイ・デル・ルース Roy Del Ruth
50. マーク・サンドリッチ Mark Sandrich
51. アルフレッド・サンテル Alfred Santell
52. アーネスト・B・シュードサック Ernest B.Schoedsack
53. ジョン・M・スタール John M.Stahl
54. ジョゼフ・フォン・スタンバーグ Josef von Sternberg
55. ジョージ・スティーヴンス George Stevens
56. ノーマン・タウログ Norman Taurog
57. リチャード・ソープ Richard Thorpe
58. W・S・ヴァン・ダイク W.S.Van Dyke
59. キング・ヴィダー King Vidor
60. ウィリアム・A・ウェルマン William Wellman
61. ジェームス・ホエイル James Whale
62. サム・ウッド Sam Wood
63. ウィリアム・ワイラー William Wyler

さて、何人の監督の作品をご覧になってらっしゃるでしょうか。
私は恥ずかしながら15人ほどでした…正直言って、知らない名前がほとんどです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
一桁です・・・
63人のお名前書くだけでも大変だったかと・・・
戦前の監督さんですからね
超有名なお方しか私は存じ上げてません
なので一桁です
でも、監督名を気にしないで鑑賞している作品も多々あるので
もしかしたらもう少し多いかもしれません
Astay URL 2008/03/21_Fri_00:45:02 編集
確かに
Astayさん
確かに名前書くのが大変でした…。
知らない名前がほとんどでしたしね。
私も監督名を気にしないで観ている場合も多いので、もう少し多いかもしれませんが、メルヴィル監督を熱狂させたという作品名もできれば知りたいところでしたね。
管理人@マサヤ URL 2008/03/22_Sat_10:41:38 編集
一応
ハロルド・S・バケット、グレゴリー・ラトフ、シドニー・ランフィールド、アルフレッド・サンテルは知りませんでした。エドワード・グリフィスとガースンケニン(カニン)も観てはないですが、それよりミッチェル・ライゼンが“ミッ”が抜けてますよ。そんなに面白くはないけれども、捨て難い人です。グレゴリー・ラキャーヴァはグレゴリー・ラ・カーヴァの方が通ってると思います。戦前て、トーキー以降リストなんでしょうね。

あれ?フランク・タトルとかスティーヴン・ロバーツ、アーヴィング・カミングスとかが・・・・・いやあれ?ラオール・ウォルシュがないんじゃあ・・・・・プレストン・スタージェスも。
ルーシー・リュー 2008/05/27_Tue_10:30:23 編集
ラオール・ウォルシュ
ルーシー・リューさん
間違いのご指摘ありがとうございます。
さっそく直しておきます。
古い映画のことをよくご存知ですね。
ちなみに、これはトーキー以降のリストとのことです。
メルヴィルはラオール・ウォルシュのことは認めていなかったようです。
マサヤ@管理人 URL 2008/05/28_Wed_10:36:03 編集
そうですか。
アメリカ映画好きなもんで、メルヴィルのことは観られるものを一通り観たぐらいでよく分からないんです。ヌーヴェル・ヴァーグが(と申しますかアンドレ・バザンが)ジョン・フォードをあんまり評価していないことは知っていましたが。
ルーシー・リュー 2008/05/28_Wed_15:34:24 編集
ジョン・フォード
ルーシー・リューさん
アメリカ映画好きなのですね。
メルヴィルはジョン・フォードが大好きだったようです。
マサヤ@管理人 URL 2008/05/29_Thu_23:13:21 編集
珍しい方ですね。
フォード好きとしては嬉しい話ですが、しかしウォルシュが何でなのか?具体的に評価をしない理由をどかかで語っているのでしょうか?
ルーシー・リュー 2008/05/30_Fri_12:49:30 編集
ウォルシュ
ルーシー・リューさん
この記事で紹介しています本「サムライ-ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生」(ルイ・ノゲイラ著 井上真希訳 晶文社刊)の32~33ページにその理由(?)が語られていますので、お読みになってみてはいかがでしょうか。
ウォルシュはフランスでは人気があったようで、それへの反駁もあったように感じます。
マサヤ@管理人 URL 2008/05/31_Sat_09:34:03 編集
機会がございましたら。
ありがとうございます。
冷静に見て、上のリストのほとんどの監督よりもウォルシュは凄いと思いますけれども。世界最大と言ってもいいような。フランスと言ってもヌーヴェル・ヴァーグ周辺だけじゃあないですかね、好きなのは。オータン・ララやカルネを指示する人が好きだったとはあんまり思えませんし。
ルーシー・リュー 2008/06/03_Tue_13:29:20 編集
おっしゃる通り
ルーシー・リューさん
おっしゃる通り、ウォルシュが受けたのは、フランス、というよりはヌーヴェル・ヴァーグ周辺という方がより正確かもしれませんね。
マサヤ@管理人 URL 2008/06/03_Tue_23:13:49 編集
...
Great site.
Sesso URL 2009/01/25_Sun_03:25:28 編集
nsxspxx vdcswdz
mecbqnfmwjmmf, http://www.ncbiixdevv.com/ mnlsbootcm
frxbyluqmd URL 2013/10/14_Mon_07:52:26 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[93] [92] [91] [90] [64] [89] [88] [87] [86] [85] [84]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
[11/09 影]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ