忍者ブログ
インフル休暇に観た映画、第2弾はミケンランジェロ・アントニオーニ監督の『』(61年)。

前回書いた『さすらい』は本当に久々に観たが、『』は折に触れちょくちょく観直している感がある。
しかし、最初から最後まで通して観たのはやはり久々かもしれない。

それにしても、この映画も本当に面白い。
マルチェロ・マストロヤンニジャンヌ・モローの夫婦役とは、今観ても凄いキャスティングだが、その二人にあのモニカ・ヴィッティが絡むという、夢の共演ずくしの映画である。
そのためか、観ていてつまらないシーンが全くなく、最初から最後まですべてが面白いという奇跡の映画である。

マルチェロ・マストロヤンニの出演作も久々に観たが、やはりこの人はカッコ良過ぎる。
ジャンヌ・モローはいかにもジャンヌ・モローといった感じの役柄(笑)。
パーティーのシーンのジャズもいい。

IVCから出ているDVDで観たが、画質はまずまず。
今度国内盤ブルーレイが出るので是非高画質で観たい映画である。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1121] [1116] [1118] [1117] [1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/07 マサヤ@管理人]
[11/06 mon]
[09/21 マサヤ@管理人]
[09/11 A]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ