忍者ブログ
インフル休暇中に観たミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画、最終章は『欲望』(66年)。

アントニオーニ作品の中で特に好きなのは、なんといってもモニカ・ヴィッティが主演した『情事』とか『太陽はひとりぼっち』とか『赤い砂漠』といった作品であるが、これらの作品はこれまでも何度も観ているので、新鮮さという意味では劣る。(『赤い砂漠』だけ国内盤ブルーレイが出ていないが、是非ともブルーレイで観たい作品だ)

それらに比べると、『欲望』はいつ以来か?というくらい久々に観直した。
調べてみると、2004年に国内盤DVDが初めて出た時に観ているはずだから、おそらくは14年ぶりに観たということになる。

前回観た時もそれなりに面白く観た記憶があるが、今回観直して、こんなにもサスペンスフルで面白い映画だったか、とちょっと感動してしまった。
内容的にも退屈なシーンが全くなく、最後まで集中を切らさずに観られたのは自分でもビックリ。
ただ、昔観た印象では、ヴァネッサ・レッドグレイヴサラ・マイルズの出番がもっと多かった気がしたが、今回観て、二人の出番の少なさに驚いた。
それだけ印象が強かったせいだろうか。
主演のデヴィッド・ヘミングスが、いかにもイヤな感じのカメラマン役を好演している。

この映画は、ヤードバーズが出演していることでも有名だが、アントニオーニはもともとはザ・フーに出演して欲しかったらしい。
映画ではジェフ・ベックがギターを破壊するシーンを演じているが、ギター破壊といえば、やはりピート・タウンゼントだろう(笑)。
2004年にザ・フーロック・オデッセイというイベントで初来日した際、私は横浜国際総合競技場大阪ドームの2公演どちらも観に行ったのだが、横浜でピート・タウンゼントがギターを破壊した時の感動は絶対に忘れられないだろう。
しかも、その翌日、新大阪駅でザ・フーと邂逅、ピートと握手まで出来たのだ!(私の数少ない自慢の一つ)

それはともかく、この映画の国内盤DVDにはアントニオーニ研究家による音声解説も入っている。
音声解説付きでもう一度観直してみたくなった映画はこれまた久々である。
確かに訳の分からない映画だが、その分からなさが最高に面白い映画だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1116] [1118] [1117] [1115] [1114] [1113]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/21 i960]
[12/16 マサヤ@管理人]
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ