忍者ブログ

ジャック・ベッケル監督の『赤い手のグッピー』を国内盤DVD(東北新社)で観た感想です。

9ffdc9bd.jpegGOUPI-MAINS ROUGES』(44年)
監督:ジャック・ベッケル
原作・脚本:ピエール・ヴェリ
撮影:ピエール・モンタゼル
音楽:ジャン・アルファロ
出演:フェルナン・ルドー、ロベール・ル・ヴィギャン、ブランシェット・ブリュノワ、リーヌ・ノロ

初見。
ジャック・ベッケル監督の長編第2作で、やはり、というべきかこれも傑作。
殺人事件を巡るサスペンスと、コメディが渾然一体となった、なんとも不思議な作品です。

b7bf2f1d.jpeg舞台がフランスの田舎町ということもあり、パリを舞台とした映画とはまた違った、いかにもそれらしい長閑な雰囲気もあり、その意味でも、この時代のフランス映画らしい雰囲気を味わえる作品だと思います。
大家族がお互いをそれぞれ渾名で呼び合うという設定も面白いのですが、その一人一人のキャラもなかなか魅力的に描かれています。
大家族が誰が誰なのか分かりにくいのが玉に疵ではありますが…。

中でも、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『地の果てを行く』(35)でも印象的だったロベール・ル・ヴィギャンのキャラクターがここでもなかなか強烈。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[334] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ