忍者ブログ

フリッツ・ラング監督の『スカーレット・ストリート』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想です。

image85.jpgSCARLET STREET』(45年)
監督:フリッツ・ラング
脚本:ダドリー・ニコルズ
撮影:ミルトン・クラスナー
音楽:ハンス・J・サルター
出演:エドワード・G・ロビンソン、ジョーン・ベネット、ダン・デュリエ、マーガレット・リンゼイ

初見。
フィルム・ノワールの名作”との世評高い作品ですが、実際観てみると、正直なところ微妙な作品という印象。
初老の男が若い女性に騙されるというストーリーも分かりますし、内容的には充分に面白いのですが、男が趣味で書いている奇妙な絵が評論家から絶賛されて高額で買われたり、まして女が画家だと嘘をつく展開などはあまりに陳腐な感じがしてしまうのです。
同じフリッツ・ラング監督作品『飾窓の女』と同じキャストが3人揃っていますが、以前観た『飾窓の女』の方が個人的には好みです。

それでも、この映画がそれ自体として充分に魅力的なのは、いかにもフィルム・ノワールらしい典型的なファム・ファタールを演じたジョーン・ベネットの存在感が圧倒的だからでしょう。
この女優の魅力は写真では伝わりにくいのではないかと思います。
映像で観てこそ魅力的な女優なのです。
つまり演技や物腰がいいってことですね。

image86.jpgジョーン・ベネットに惚れる初老の男を演じるエドワード・G・ロビンソンも、キャラ的にあまりにも鈍いというか情けない点が気になるので、この作品では今一つ感情移入しきれません。
もちろん、彼ならではという持ち味を感じましたし、演技も良いのですが…。

あと、この作品がもう一つ好きになれなかった理由は、ダン・デュリエ演じるヒモ男のキャラが好きになれなかったことかもしれません。

ただ、映像はさすがにフリッツ・ラングという感じでなかなか良く、またそれ以外にもそこはかとない魅力が隠された作品という感もありましたので、また再見してみたい作品ではあります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ