忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャック・ドレー監督の『ボルサリーノ2』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想です。

image79.jpgBORSALINO AND CO.』(74年)
監督:ジャック・ドレー
製作:アラン・ドロン
脚本:パスカル・ジャルダン
撮影:クロード・ボーゴアン
音楽:クロード・ボラン
出演:アラン・ドロン、リカルド・クッチョーラ、カトリーヌ・ルヴェル、ダニエル・イヴェルネル、アントン・ディフリング 
 
初見。
アラン・ドロンの主演作としてはメジャーな方の作品だと思うのですが、どういうわけか、これまで観る機会がありませんでした。
個人的にはジャン=ポール・ベルモンドと共演した『ボルサリーノ』(70)がもう一つツボにハマらなかったせいもあり、その続編ということもあって敬遠していたのかもしれません。
この度、紀伊国屋書店から国内盤DVD(ニューマスター)が再発されましたので、これを機会に観てみました。

ここに『ボルサリーノ』の明るさはありません。
カペラ(ベルモンド)の葬儀から始まるこの作品は、映画全篇を暗く重い雰囲気が覆っており、内容もギャング同士の復讐をとことん描いています。
その分、ストーリーにどこか奥行きというか深みが無いきらいがありますが、ギャング役のアラン・ドロンがとにかく魅力的で、その表情や佇まいを観るだけでも充分に価値のある作品だと思います。
ストーリーも大変分かりやすく、映画のテンポも良いので、その点でも観る者を惹きつける魅力に溢れています。

image81.jpgドロンに対するギャングは、メルヴィルの『リスボン特急』(72)でもドロンと共演していたリカルド・クッチョーラ
クッチョーラは体格も小柄であり、押し出しのそれほど強い俳優ではないので、ドロン相手ではさすがに分が悪いと思っていたのですが、なかなかどうして表情の演技が絶妙に巧く、ギャング役を見事に演じていました。
これは少々意外でしたが、嬉しい誤算。

ドロンの愛人役のカトリーヌ・ルーヴェルは、ジャン・ルノワール監督の『草の上の昼食』(59)やジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『めんどりの肉』(63)でも知られるグラマー?女優ですが、その頃よりずっと年を取っているはずなのに、かなり若く見えて魅力的でした。
出番は少なめなのが少々残念ですが、ドロンとの再会のシーンでの笑顔がいいですね。

他には、ファンティ警視を演じたダニエル・イヴェルネルが、なかなか魅力的な存在感を発揮していました。

image80.jpgあと、ラストの船のシーンで、バーテンダーに出ている俳優は、クレジットはないようですが、メルヴィル作品の常連だったピエール・ヴォディエだと思います。(ピエール・ヴォディエについてはこちらを参照)

ちなみに、ピエール・ヴォディエは、アラン・ドロンが出演したメルヴィル作品『サムライ』『仁義』『リスボン特急』にはいずれも出演していますが、意外にもドロンと直接絡むシーンはありませんでした。
もしかしたら、この二人が直接絡んだ作品は、この作品が唯一かもしれません。

作品を彩るクロード・ボランの音楽は、『ボルサリーノ』を彷彿とさせるサウンドで、重苦しい映画のトーンからは少々浮いている感もなくはありませんが、やはりこれは理屈抜きで魅力的。

気になるDVDの画質ですが、ニューマスターと謳っている割にはまずまずといったところでしょうか。
特別画質が良いという印象もありませんが、大きな不満があるわけでもありません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ドロン&ベルモンド
もう長らく『ボルサリーノ』『ボルサリーノ2』観ていないので、ちょっと覚えていない箇所もありますが、私も『ボルサリーノ2』の方が楽しめた記憶があります。
やはりアラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが共演と言うことで『ボルサリーノ』かなり期待して観ました。しかしせっかくドロンとベルモンドが共演したのだから、もうちょっと…と言う自分が勝手に期待していた感じの雰囲気の作風ではなく、ドロンとベルモンドに明るさは求めていなかったのか、ちょっと軽快な感じに思えてしまった記憶があります…。
個人的に『ボルサリーノ』で共演するよりも『仁義』で共演して頂きたかったかなと…。
ヴォージェル役をベルモンドが演じていたら、どんな感じの『仁義』になっていたのか、ちょっと想像してしまいますけどね…。

66 2009/04/03_Fri_10:04:13 編集
見果てぬ夢
66さん
私がもう一つ『ボルサリーノ』にハマらなかった理由も、66さんと同じような理由のように思います。
この二人が『仁義』で共演していたら…夢でしかありませんが、ファンとしてはどうしても見果てぬ夢を追ってしまいますね。
マサヤ URL 2009/04/04_Sat_00:39:28 編集
無題
カトリーヌ・ルーヴェルが『草の上の昼食』に出ていた女優とは初めて知りました。
ピエール・ヴォディエについての指摘もさすがマサヤ様ですね。

仰るようにベルモンド色の濃い『ボルサリーノ』に比べてこの作品は別物として観たほうが楽しめる作品かもしれないです。
2本の作品を結んでいるのはクロード・ボランの音楽だけのようにも思えます。

関連記事をトラバしましたのでよろしくお願いします。
チェイサー 2009/04/04_Sat_04:39:24 編集
カトリーヌ・ルーヴェル
チェイサー様
TBありがとうございます。
カトリーヌ・ルーヴェルは特別美人ではないですが、妙に存在感のある女優さんですね。
ドロンとの相性も良かったと思います。

おっしゃる通り、『ボルサリーノ』とは別物としてとらえるべきなのかもしれませんね。
それぞれカラーが違うので、観る人の好みが分かれるのは仕方ないでしょう。
マサヤ URL 2009/04/05_Sun_20:31:14 編集
ルーヴェル!
マサヤさんが仰るとおりルーヴェルは完全に若返ってますよね。彼女が出てる『めんどりの肉』は大好きなんですが、絶対この頃の方が風格ありますよ。あの悪女ぶりインパクト強すぎ。『ボルサリーノ2』では素敵な笑顔で可愛い女を演じきってますね。
ジュリアン 2009/04/07_Tue_20:48:21 編集
変貌
ジュリアンさん

TBありがとうございます。
私も『めんどりの肉』は好きな作品ですが、ルーヴェルのあの悪女ぶりがあまりにインパクトが強かったので、この作品の可愛らしさが意外でした。
マサヤ URL 2009/04/08_Wed_18:45:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『BORSALINO & CO.』
クロード・ボランの音楽がついた「ボルサリーノ1」を数十年ぶりに観た直後に、 この「ボルサリーノ2」を改めて鑑賞してみたところ、 高校生時代に私が抱いた「2」の鮮やかな記憶が一気に呼び覚ませられました。 すり替えられた「1」の音楽によって「1」ばかりでなく「2」までもが 私の頭の中では今日まで違った印象の映画になってしまっていたのです。 それほどまでに映画音楽というものは映画作品全体に影響を及ぼしているものなのだと 再認識するに至った次第です。 今回は前回「ボルサリーノ1」から引き続いて、 それぞれの曲の...
URL 2009/04/04_Sat_04:26:51
#39 『ボルサリーノ2』
『ボルサリーノ2』(1974) 音楽…クロード・ボリン ドロンがジャン・ポール・ベルモンドと組んで大ヒットを記録した前作に続く続編 前作ラストで殺されたベルモンド扮するカペラの葬式 重々しい雰囲気から始まる サントラ オリジナルはLP 日本でもキングレコードからLPリリース 収録曲 A−1.ボルサリーノ2(歌:ミッシェル・バック)   2.ハンガリアン・ダンス   3.喜びのテーマ   4.フェルナンの活躍   5.ボルサリーノの生還   6.ロッコの逆襲   7.ボルサ...
URL 2009/04/07_Tue_20:49:39
人間の欲、ルーヴェルの悪女ぶり… 『めんどりの肉』
今回の鑑賞記は… ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作をジュリアン・デュヴィヴィエが監督した 『めんどりの肉』(1963) 出演はロベール・オッセン、ジャン・ソレル、カトリーヌ・ルーヴェル 金庫破りに失敗した錠前屋ポール(ソレル)とダニエル(オッセン) 逃亡中にダニエルはトーマという男と知り合い彼が経営するレストランに招かれる そこにはかなり歳の離れたトーマの若い妻マリア(ルーヴェル)がいた マリアはトーマが貯め込んでいる金が目的で結婚したのだ マリアはダニエルに近づき金庫を...
URL 2009/04/07_Tue_20:53:17
[277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/14 マサヤ@管理人]
[04/10 mon]
[11/07 マサヤ@管理人]
[11/06 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ