忍者ブログ

9月12日、パリにおいてクロード・シャブロル監督が80歳で亡くなりました。
現在のところ死因は不明。
http://www.cinematoday.jp/page/N0026859

言うまでもなく、ゴダール、トリュフォー、ロメール、リヴェットらと並んで、“ヌーヴェル・ヴァーグ”の代表的監督の中の一人であり、近年も精力的に監督活動を行っていました。
遺作は2009年の『ベラミー / Bellamy』(日本未公開)。

初期には『美しきセルジュ』(58)『いとこ同志』(59)『二重の鍵』(59)『気のいい女たち』(60)等の秀作、60年代後半からは、当時の妻であったステファーヌ・オードランを主演に迎えた、俗に“エレーヌもの”と呼ばれる特異な恋愛犯罪映画を次々と監督しました。

また、我らがジャン=ピエール・メルヴィル監督との関係も良好で、『恐るべき子供たち』(50)や『賭博師ボブ』(55)といったアンリ・ドカが撮影したメルヴィルの初期作品に魅了されていたシャブロルは、先に挙げた自身の初期作品にことごとくドカを撮影監督に迎えていますし、『青髭』(62)においては、メルヴィルに俳優として出演してもらっています。

個人的には、つい先日『女鹿』(68)をDVDで観て魅了されたばかりでした。
70年代以降の作品を観る機会が少なかったのは残念ですが、初期の作品はシャブロル独特ともいえる“苦味”を感じさせる作風のものが多く、好き嫌いが分かれるところかもしれません。
私個人も必ずしもすべてが好きな作風というわけではありませんでしたが、国内未公開作が大変に多い監督でしたので、今後さらに国内DVD化が進むことを願っています。

それにしても、フランスの映画監督の訃報がこのところ多くなっているのはフランス映画ファンの一人としてとても残念です。
今年の1月には巨匠エリック・ロメール監督も亡くなりましたし、メルヴィルの『ギャング』のリメイク作『マルセイユの決着(おとしまえ)』(07)のアラン・コルノー監督も8月の末に67歳で亡くなったばかりです。

あれよかれよという間にヌーヴェル・ヴァーグの監督で健在なのはリヴェットくらいになっちゃいましたね。
あ、ゴダールがいたか…。

シャブロル監督のご冥福をお祈りしたいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463] [462] [461] [460]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ