忍者ブログ

クロード・シャブロル監督の『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』を国内盤DVDで観た感想。

LA CEREMONIE』(95年)
監督:クロード・シャブロル
脚本:クロード・シャブロル、カロリーヌ・エリアシェフ 
撮影:ベルナール・ジツェルマン 
音楽:マチュー・シャブロル 
出演:イザベル・ユペール、サンドリーヌ・ボネール、ジャクリーン・ビセット、ジャン=ピエール・カッセル、ヴィルジニー・ルドワイヤン

初見。
ろくに出演者も確認せずに観始めたものだから、まず映画の冒頭で出てきたオバサンがあのジャクリーン・ビセットであることに気づいてビックリ。
しかも、ジャン=ピエール・カッセル(『影の軍隊』)とヴィルジニー・ルドワイヤンまで出ているではないか!
さすがシャブロルというべきか、なんたる豪華キャスト!

主演はイザベル・ユペールサンドリーヌ・ボネールの二人だが、二人の名コンビっぷり、弾けっぷりがかなりの見もの。
というか、イザベル・ユペール、やっぱりすごい。
この人はなんでもできるんじゃないだろうか。
それにしてもこんな役のオファー、よく受けたな。
サンドリーヌ・ボネールはもともと美人だと思うけど、この映画では美人に見えたり見えなかったりと微妙。
でも、それがこの映画の役柄によく合っていた。

後半はなんでこうなっちゃうの?という展開なのだが、力技でねじ伏せられちゃった感じ。
それも、テクニックがあまりに鮮やかなので見ている側は啞然呆然という感じなのだ。
間違いなくこれもシャブロルの傑作

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[648] [647] [646] [645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ