忍者ブログ

スタンリー・キューブリック監督の『非情の罠』を国内盤DVDで観た感想です。

image23.jpgKILLER'S KISS』(55年)
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、ハワード・O・サックラー
撮影:スタンリー・キューブリック
音楽:ジェラルド・フリード
出演:フランク・シルヴェラ、ジャミー・スミス、アイリーン・ケイン、ジェリー・ジャレット、ルース・ソボトゥカ
 
これも久々に観た作品。
キューブリックの作品はだいたい観ているのですが、カラーになって以降の作品は正直なところあまり好きではありません。
それぞれの作品は、確かに凄いなぁとは思いますが。
むしろ、モノクロで撮ったこの作品や『現金に体を張れ』、『突撃』、『博士の異常な愛情』あたりまでは好きです。

この作品はキューブリックの実質的なデビュー作であり、67分と中篇ながら、実によく出来た作品だと思います。
フラッシュバック、ボクシング、ファム・ファタール、殺しなど、手法的には完全にフィルム・ノワール作品といってよいのではないかと思います。

とりわけ、映画後半の、全く人気の無い工場を舞台とした大立ち回りは迫力満点です。
あの人っ気の無さ、大量のマネキンなどがなんとも不気味。
ただ、ラストの甘さは個人的には納得しがたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[219] [218] [217] [216] [215] [214] [211] [213] [212] [210] [209]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ