忍者ブログ
テッド・テズラフ監督の『』を国内盤DVD(ブロードウェイ『フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.3』)で観た感想。

The Window』(49年)
原作:コーネル・ウールリッチ
脚本:メル・ディネリ
撮影:ウィリアム・スタイナー
出演:ボビー・ドリスコル、バーバラ・ヘイル、アーサー・ケネディ、ポール・スチュアート

子供が主人公ということもあって、乗りづらいかなと想像していたが、実際はかなり面白かった。
コーネル・ウールリッチの原作ではアルフレッド・ヒッチコック監督の『裏窓』(54)が有名だが、題材としてこれも近いものがある。
監督のテッド・テズラフはヒッチコックの『汚名』(46)で撮影監督を務めていたという。

少年役のボビー・ドリスコルがなかなかの好演で、後半のサスペンス展開が見事。
ポール・スチュアートの冷徹な感じがいい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[986] [989] [978] [988] [976] [925] [983] [982] [977] [969] [979]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ