忍者ブログ

ジョーゼフ・H・ルイス監督の『拳銃魔』を国内盤DVD(ジュネス企画)で観た感想。

GUN CRAZY』(50)
監督:ジョーゼフ・H・ルイス(ジョゼフ・H・リュイス
脚本:マッキンレー・カンター、ミラード・カウフマン 
撮影:ラッセル・ハーラン 
音楽:ヴィクター・ヤング 
出演:ジョン・ドール、ペギー・カミンズ、ベリー・クルーガー、モリス・カルノフスキー、アナベル・ショウ、ハリー・ルイス

再見。
ボニー&クライドものの一つ。
ゴダールの『気狂いピエロ』(65)におけるベルモンドとカリーナの車のすれ違いながらのキスシーンはこの映画の影響だろう。

改めて再見してみて、物語の構成、テンポ、演出、撮影、音楽など素晴らしいという印象。
ワンカットで撮られた銀行強盗のシーンはやはり圧巻である。

主演の二人の演技もなかなか。
とりわけバート役のジョン・ドールはいい。
一方で、個人的にどうしてもひっかかるのがアニー役のペギー・カミンズのあまり魅力的とは思えない容姿と、そのキャラに全くといっていいほど感情移入できない点である。
特に後半は見ていて退く。
ある意味、それだけ演技が優れているとも言えるが…。

ジュネス企画から出ているDVDはこのレーベルらしい今一つの画質だが、とにもかくもこのカルト?作品を日本語字幕付で観られるのはありがたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[464] [463] [462] [461] [460] [459] [499] [498] [497] [494] [493]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ