忍者ブログ

フランソワ・トリュフォー監督の『逃げ去る恋』を国内盤DVDで観た感想。

L’AMOUR EN FUITE』(79年)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本:フランソワ・トリュフォー、マリー=フランス・ピジエ、ジャン・オーレル、シュザンヌ・シフマン
撮影:ネストール・アルメンドロス
音楽:ジュルジュ・ドルリュー
出演:ジャン=ピエール・レオー、マリー=フランス・ビジエ、クロード・ジャド、ドロテー

“ドワネルもの”の集大成にして完結篇。
離婚調停中のアントワーヌとクリスチーヌという、現在進行形の物語と平行して、過去の作品の名場面が次々と現れます。
よって、一つの独立した作品というよりは、ドワネルものの総集編として観るべきかもしれません。

トリュフォー自身、もともと作る気はなかったとのことで、実際、完成した映画にもあまり好意的なことは言っていないようですが、映画そのものの面白さはやはり無類で、作られたことを感謝したい作品です。
ジャン=ピエール・レオーはさすがに老けた感は否めませんが、アントワーヌの役柄そのものに人間的な成長はやはりほとんど見られず…ここでもあくまでも彼らしさに徹しています(笑)。
一方のクリスチーヌ(クロード・ジャド)はもう腹が据わっていて、すっかり大人の女性…この2人が上手く行くはずありませんよね…(笑)。

アントワーヌの初恋の相手コレット(マリー=フランス・ビジエ)はここではバツイチの弁護士役。
アントワーヌと邂逅する列車のシーンにおける、2人のやり取りが大変印象的です。
案の定、想像通りの流れとなるわけなのですが(笑)。
また、この映画で初登場する、新たな愛人サビーヌ役のドロテーが非常に魅力的。
この人の存在感で作品そのものが一気に華やいだ感があります。

他に、『大人は判ってくれない』で登場した継父がアントワーヌを仕事場に訪ねてきて、2人でアントワーヌの母親の墓参りをする場面も印象的です。

ラストもハッピーエンドと言ってよいのかどうか分かりませんが(笑)、後味は良いです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[460] [459] [499] [498] [497] [494] [493] [458] [457] [456] [492]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ