忍者ブログ

カール・TH・ドライヤー監督の『裁かるるジャンヌ』を国内盤DVD(紀伊国屋レーベル クリティカル・エディション)で観た感想。

LA PASSION DE JEANNE D'ARC』(28年)
監督:カール・TH・ドライヤー 
脚本:ジョゼフ・デルテーユ、カール・TH・ドライヤー 
撮影:ルドルフ・マテ 
出演:ルイーズ・ルネ・ファルコネッティ、ウジェーヌ・シルバン、アントナン・アルトー

再見。
初見の時は疑いなく人生最大の衝撃作の一本であった。
特に後半は圧巻で、ジャンヌ役の女優が本当に焼け死んだのかとすら思った(笑)。
が、さすがにそれから数回観たので衝撃が薄れたことは否定できない。
まぁ何度も観直すような映画ではないと思うが、折々にやけに観直したくなる映画であることも確かだ。
おそらく、ジャンヌ役のルネ・ファルコネッティのあまりに凄まじい演技に吸い寄せられるからだろう。
サイレント映画にありがちな難渋さがほとんど感じられないのも大きいかもしれない。

ところで、解説ブックレットによれば、驚いたことにどうやらこれまで観ていた『裁かるるジャンヌ』とはヴァージョン違いのようだ。
もちろん、今回が奇跡的に発見されたオリジナル・ネガを用いた、ドライヤー監督の意図に最も忠実なヴァージョン(オリジナルのデンマーク語字幕)らしいのだが。
簡単に言えば、これまで観ていたのは“別(没)テイク”ということになるようだ。
普通ならこれまで“別テイク”を観せられていたことに対して怒り心頭!となってもおかしくないのだが、不思議と怒りはなく、“別テイク”でも十分凄かったなぁとヘンに感心してしまった。
もちろん、初めて観るならこの“本テイク”が良いだろうけど。

DVDの画質はビックリするほど良く、さすがは紀伊国屋だと感心する。
DVDに付随する柳下美恵氏のピアノ伴奏はこの日本盤オリジナルのものだが、観ていて全くと言ってよいほど違和感を感じなかった。
それだけ映画に合っていたということだろう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ