忍者ブログ

アーサー・ペン監督の『俺たちに明日はない』を国内盤ブルーレイで観た感想。

BONNIE AND CLYDE』(67年)
監督:アーサー・ペン 
脚本:デヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントン、ロバート・タウン 
撮影:バーネット・ガフィ 
音楽:チャールズ・ストラウス 
出演:ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン、マイケル・J・ポラード、エステル・パーソンズ

再見。
ブルーレイレコーダーは昨年の夏に買っていたが、初めて国内盤ブルーレイのソフトを買ったのは実はこの作品だった。

本当に久しぶりにこの映画を観たが、想像していた以上に面白かった。
とにかくフェイ・ダナウェイの魅力がすごい。
有名な冒頭シーンはそれほど好きなわけではないが、全編に渡って表情の一つ一つがなんとも魅力的に写る。
ファッションもいい。
他に、マイケル・J・ポラードもこんなに良かったとは意外だった。
彼の演じたC・W・モスのキャラがこの中では一番好きかもしれない。

そして、特典映像にたっぷり入っているボニーとクライドの実話ドキュメンタリー、そして映画の製作秘話も本編に劣らぬくらい面白かった。
プロデューサーでもあったウォーレン・ベイティが当初監督にフランソワ・トリュフォージャン=リュック・ゴダールを考えていたというのはホントだったのね。
実話の方は、今では考えられない凄い話の連続。
史実を知る上でもとても勉強になりました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[603] [602] [601] [600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ