忍者ブログ

マイケル・ウィナー監督の『メカニック』を国内盤DVDで観た感想。

THE MECHANIC』(72年)
監督:マイケル・ウィナー
脚本:ルイス・ジョン・カリーノ
撮影:リチャード・H・クライン
音楽:ジェリー・フィールディング
出演:チャールズ・ブロンソン、ジャン=マイケル・ヴィンセント、キーナン・ウィン、ジル・アイアランド、リンダ・リッジウェイ

初見。
マイケル・ウィナー監督×チャールズ・ブロンソン主演によるアクション映画で、いかにも70年代というような空気感が心地良い映画。
もちろん内容も面白い。
ブロンソンがクールな殺し屋を演じていて魅力的。
ジャン=マイケル・ヴィンセントとの師弟関係の描かれ方もなかなか。
後半のアクションも若干出来過ぎの感もあるが楽しめる。
ラストも良。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ