忍者ブログ

ジョン・ヒューストン監督の『キー・ラーゴ』を国内盤DVDで観た感想。

KEY LARGO』(48年)
監督:ジョン・ヒューストン
脚本:リチャード・ブルックス、ジョン・ヒューストン
撮影:カール・フロイント
音楽:マックス・スタイナー
出演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、クレア・トレヴァー、エドワード・G・ロビンソン、ライオネル・バリモア、モンテ・ブルー

再見。
以前一度キリしか観ていない映画だが、なぜか最近無性にこの映画が見直したくなっていた。
ほとんど密室劇に近いが、舞台となったマイアミのホテルの雰囲気が印象的だったせいか。
実際に見直してみて、内容も実に緊張感のある面白い映画であった。
元の原作(マックスウェル・アンダーソン)が面白いせいもあるのだろうが、俳優の演技が皆とても上手いし、映画の進行もテキパキとして無駄がない。
ギャング役のエドワード・G・ロビンソンがさすがの存在感。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ