忍者ブログ

ビクトル・エリセ監督の『エル・スール』を国内盤DVD(紀伊国屋書店)で観た感想。
 
EL SUR』(82年)
監督・脚本:ビクトル・エリセ 
原作:アデライーダ・ガルシア・モラレス 
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
出演:オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン、イシアル・ボリャン、オーロール・クレマン 

 
再見。
父と娘の物語には昔から妙に惹かれる。
この映画もそうだが、小説でもこれまでで最も感動した本は大学生の頃に読んだ獅子文六の『娘と私』である。
『娘と私』は読んだ時の印象が強烈すぎて、それ以来一度も読み返していないが、実際自分に娘が生まれた現在、読み返したらどんな感想を抱くだろうか。(この小説が1962年に映画化されていることを知った。堀川弘通監督、山村聡、原節子共演。是非とも機会があれば観てみたい)

この『エル・スール』にも同じような思いがあった。
初めて観た時の感動が忘れられないだけに、再見するのが怖いという気持ちがかなりあった。
再見するとだいたい初めて観た時の感動は薄れるものだからである。

そんな中、紀伊国屋書店から出た新しい国内盤DVDを入手できたので、久しぶりにこの作品を観直したが、やはりこの映画は素晴らしかった。
以前からこれは古今東西で最もすばらしい映画の一本だと思っているが、その思いに今も変わりはない。
父と娘のダンスシーン、二人きりのレストランのシーンなど実に余韻が深い。
娘役の二人の女優も素晴らしい。
父親役のオメロ・アントヌッティはこの映画を観る限り、最高の名優だ。
ラストもさり気なくも感動的。

ビクトル・エリセ監督作品としては『ミツバチのささやき』は以前スクリーンで観たことがあるが、この作品はソフトのみ。
いつかスクリーンで観てみたい。

ちなみに新しい国内盤DVDは、以前観た旧国内盤(東北新社)とは比較にならないくらい画質は良い。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[448] [447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/11 マサヤ@管理人]
[08/10 ノア]
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ