忍者ブログ

カーティス・メイフィールドは1942年シカゴ生まれ(~99年)。
58年にR&Bコーラス・グループ、インプレッションズのメンバーとしてデビュー、70年以降ソロ・アーティストとなっている。
マーヴィン・ゲイらと共に70年代の“ニューソウル”を牽引した重要な存在であり、当時のアメリカの黒人が抱える諸問題を取り上げた政治的なメッセージソングを数多く歌った。
70年代後半以降その傾向が弱まったとはいえ、世の中の不条理に音楽で物申す、いわゆる“社会派”のアーティストであり、なにより“愛の大切さ”を生涯かけて訴え続けた“愛”と“魂”のアーティストだったと言えるだろう。

本来、私は“ラヴ&ピース”系のアーティストやいわゆる社会派と言われるようなアーティストは苦手なのだが、カーティスは別だ。
一般的に、個々の楽曲としては『ピープル・ゲット・レディ』(65)や『ムーヴ・オン・アップ』、アルバムとしては『スーパーフライ』(72)や『ゼアズ・ノー・プレイス・ライク・アメリカ・トゥデイ』(75)が代表作として挙げられると思われる。

カーティス・メイフィールドの音楽の魅力は、当然だが何よりもまず第一にその楽曲の素晴らしさである。
ファンキーな作品もラヴ・バラードも何もかもが素晴らしい。
とりわけ、バラードナンバーの素晴らしさは彼ならではとしかいいようのないものだ。
同時にその独特のファルセット・ヴォイスの魅力である。
なんと柔らかく、優しい歌声なのだろう。
これは、おそらく、彼の人柄そのものなのだ。
初めて聴く人は違和感を感じるかもしれないが、その声の魅力に嵌ったらもう抜け出せない。

もちろん、ワウペダルを多用したユニークなギターサウンド、ストリングス、ホーンのセンスの良い使い方など、卓越したアレンジ能力も忘れてはならないだろう。
特に、70年代初期のアルバムによく聴かれるストリングスの緊張感のある響きは独特の魅力がある。
ジャンル分けとしては、ソウルとかファンクとかR&Bとかいろいろ言われるし、おそらくどれにも当てはまるだろうが、その強烈な個性で“カーティス・メイフィールドの音楽”としか言いようのない彼独特のものとなっていると思う。

ここでは個人的に大好きな『THE MAKING OF YOU』(70)と『SO IN LOVE』(75)の2曲をユーチューブから紹介したい。
ここまで美しい音楽が世にいくつあるだろうか。
この項続く


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ