忍者ブログ
2月4日にボブ・ディランのニューアルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が発売される。

収録曲を見る限り、オリジナル楽曲は含まれず、主にフランク・シナトラのレパートリーのカバー曲集のようだ。
カバー集であるにしろ、ニューアルバムの発売はディランのファンとしてはもちろん楽しみだ。
私はある時期シナトラもかなり好きで聴いたから、ディランがシナトラの曲をどのようにカバーしているのかという興味もある。

ところが正直、意外と心がときめかないのである。
カバー集だからか?
それも全くないとは言えない。
全曲ディランのオリジナル曲だったら、もう少しときめいていたはずだ。
しかし、詳しくはここで述べないが、それも事実上期待できない状況では何をか言わんや。
第一、いくらディランがシナトラの楽曲が好きだとはいえ、シナトラの歌のイメージとディランのそれは違い過ぎるではないか。

しかし、理由はそれだけではない。
90年代後半以降、つまりは『タイム・アウト・オブ・マインド』(97年)で華麗な“復活”を遂げて以降のディランにさして魅力を感じていないからである。
答えは簡単だ。
あの“”である。

もちろん、私はディランの近年のアルバムもすべて聴いている。
中には『ラヴ・アンド・セフト』(01年)のような素晴らしいアルバムもあった。
しかし、90年代以降のディランのあの声がどうしてもダメなのである。
かなり無理して好きになろうとしたが、無理だった。(みんな、あの声をどう思っているのだろうか?)

その意味でも、個人的な見解だが、『タイム・アウト・オブ・マインド』以降のディランは過大評価されている気がする。
現段階での最新アルバム『テンペスト』(12年)も最近なんとなく良さが分かってきたが、発売直後に聴いた時は全然良さが分からなかった。
いや、良さが分かってきたというより、むしろ声に慣れてきた、という方が正しいかもしれない。

結局のところ、私はディランを“シンガー”として好きなのだ、と思う。
もちろん、ソングライターとしてもこの上なく偉大であるし好きなのだが、歌手としての魅力が大きくなかったら、ここまで聴いていなかっただろう。
そして、“シンガー”である以上、声にこだわるのは当然のことだろう。
シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が私の期待を良い意味で裏切ってくれることを望む。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[766] [765] [764] [763] [760] [759] [758] [756] [755] [754] [753]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 マサヤ@管理人]
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ