忍者ブログ

40c01d44.jpegHPのトップページ(NEWS)で『仁義』のブルーレイ・ディスクがフランスで9月に発売とお知らせ済みですが、STUDIO CANALのサイトで確認したしたところ、STUDIO CANAL COLLECTION の中の一枚として、フランス、イギリス、ドイツで同時発売されるということが判明しました。
それぞれの国の字幕が付きますが、個人的には英語字幕があった方が有難いので、イギリス盤を購入予定です。

驚くべきは特典映像で、STUDIO CANALのサイトを見ますと、なんとあのドキュメンタリー映画『コードネームはメルヴィル』(08年、オリヴィエ・ボレール監督)が収録されるようです。
日本においては、昨年の同名の映画祭において2度上映されただけの幻の作品ですので、こうして市販されるのは実に嬉しいですね。

また、助監督ベルナール・ストラジョゼ・ジョヴァンニルイ・ノゲイラのインタビューも収録されます。
ベルナール・ストラ、ルイ・ノゲイラのインタビューは『仁義』のCriterion盤DVDにも収録されていましたので、それと同じものである可能性も高いですが、注目すべきはジョゼ・ジョヴァンニのインタビューです。
ジョゼ・ジョヴァンニとメルヴィルの仕事上の関係といえば、もちろん『ギャング』でのコラボレーションに尽きるわけですが、ジョゼ・ジョヴァンニがメルヴィルについてどのように語っているか大変興味深いところです。

ただし!

問題はリージョン・コードがBであることですねぇ…。
普通に考えて、このディスクは日本国内のブルーレイ・プレーヤーでは再生できない可能性が高いです。
心置きなく楽しむためには、リージョン・コードが同じAである米国盤の発売を待つしかないのでしょうか…。
同じSTUDIO CANAL COLLECTIONのブルーレイのシリーズで同時発売の『勝手にしやがれ』はリージョン・フリーで日本語字幕まで付くのですがね。
まぁ、日本盤が発売されるのがベストなのですが…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
STUDIO CANAL COLLECTIONは良いですね。私も「マダムと泥棒」と「気狂いピエロ」を買いました。ブルーレイ&日本語字幕入りがうれしいです。

メルヴィルの日本での市場など知れているので、リージョンフリーで出してほしいですね。。。
2010/08/04_Wed_10:16:22 編集
他のメルヴィル作品も
弐さん
STUDIO CANAL COLLECTION、なかなか良いラインアップが揃ってますね。
特に日本語字幕入りはなかなかないので貴重です。
メルヴィルの他の作品の発売も期待したいですね。
もちろん、リージョンフリーで。
マサヤ@管理人 2010/08/05_Thu_01:46:33 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[497] [494] [493] [458] [457] [456] [492] [455] [454] [453] [452]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ