忍者ブログ

ピエール・グラニエ=ドフェール監督の『帰らざる夜明け』を国内盤DVDで観た感想。

LA VEUVE COUDERC』(71年)
監督:ピエール・グラニエ=ドフェール
原作:ジョルジュ・シムノン
脚本:ピエール・グラニエ=ドフェール、パスカル・ジャルダン
撮影:ワルター・ウォティッツ
音楽:フィリップ・サルド
出演:アラン・ドロン、シモーヌ・シニョレ、オッタヴィア・ピッコロ

初見。
原作ジョルジュ・シムノン、撮影ワルター・ウォティッツ、音楽フィリップ・サルドとスタッフも揃っており、アラン・ドロンシモーヌ・シニョレの主演作だから大いに期待したのだが、今ひとつ面白さを感じなかった。
オープニングなど、いろいろ良いシーンはあるし、決して悪い映画だとは思わないのだが、どうも私とは波長が合わなかったようだ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[722] [721] [720] [718] [717] [716] [715] [714] [713] [712] [711]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ