忍者ブログ

石井輝男監督の『網走番外地 北海篇』をDVDで観た感想。

網走番外地 北海篇』(65年)
監督・脚本:石井輝男
撮影:稲田喜一
音楽:八木正生
出演:高倉健、嵐寛寿郎、杉浦直樹、千葉真一、由利徹、安部徹、田中邦衛、大原麗子

初見。
シリーズ第4作。
前半が刑務所内、後半が雪の中をトラックで進むロードムービーとなる。
まず、前半が最高に面白く、とにかく笑える。
とりわけ由利徹が絶品。

後半は監督の意向なのか様々な要素が入り乱れ、結構グチャグチャな展開だが、これはこれで面白い。
若き日の大原麗子のコケティッシュな魅力が光る。
また、この映画でも杉浦直樹がいい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ