忍者ブログ
パリ旅行12日目。

この日はエッフェル塔方面に足を延ばしてみました。
エッフェル塔へは一度足を運んでいますが、シャイヨー宮方面からは見ていなかったからです。
DSC01885.JPG
地下鉄トロカデロ駅で降りると、ちょうどシャイヨー宮のすぐそばに出られます。
地上に出ると目の前に広がるエッフェル塔!
よくこの方向から見るエッフェル塔が一番美しいというようなことが言われるようですが、それも頷ける素晴らしさです。
個人的に最もエッフェル塔が美しく撮られていると感じている、ベルトルッチ監督の『暗殺の森』のワンシーンを思い起こさせる光景です。
天気が曇りだったことも幸いしました。

そこから徒歩ですぐのパッシー墓地へと足を運びました。
DSC01895.JPG
ここには私の敬愛する作曲家ドビュッシー、フォーレが眠っています。
比較的小さい墓地で、やはり著名人のお墓の場所を指し示す地図がありますので、すぐ見つけられるかと思っていたのですが、見つけるのにはちょっと苦労しました。
ドビュッシーはまだすぐ見つかった方ですが、フォーレがなかなか見つからない・・・。
諦めて帰ろうとしたところでようやく見つかりましたが、お二人とも大作曲家にしては質素な感じのお墓でした。

次はピカソ美術館に足を延ばすつもりだったのですが、比較的近場にモネの作品群が見られるというマルモッタン美術館があることが分かり、トロカデロから地下鉄9号線で二つ目のラ・ミュエット駅で降り、徒歩で10分程度歩きました。
DSC01902.JPGブーローニュの森に近い閑静な地区にマルモッタン美術館はありました。
http://www.marmottan.com/

場所のせいもあるかと思いますが、館内は混んでおらず、ゆったりと見られました。
地階はモネの息子が寄贈したというコレクションがあり、特に代表作の一つである『印象、日の出』などがほぼ独占状態で見られる喜びといったらありません。
マネのモデルとしても有名な女流画家ベルト・モリゾの多くの作品が見られるのも魅力的であり、印象派好きには見逃せない美術館と言えましょう。

というわけで、この日はあまり映画に関係する場所へは行きませんでした・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[10/04 マサヤ@管理人]
[10/02 mon]
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ