忍者ブログ

エリック・ロメール監督の『パリのランデブー』を国内盤DVDで観た感想。

LES RENDEZ-VOUZ DE PARIS』(94年)
監督・脚本:エリック・ロメール 
撮影:ディアーヌ・バラティエ 
音楽:パスカル・リビエ 
出演:クララ・ベラール、アントワーヌ・バズラー、セルジュ・レンコ、オーロール・ローシェル、ミカエル・クラフト、ベネディクト・ロワイアン 
 
再見。
第一話「7時のランデブー」、第二話「パリのベンチ」、第三話「母と子 1907年」という3作品から成るオムニバス作品
いかにもロメールらしい瑞々しい映像の魅力を十分に堪能できる作品となっている。

実際、3作ともどれもホントによく出来ている。
男が情けないという点ではどれも共通しているが、それはロメール作品では常のこと(笑)。
ほとんど素人同然の俳優たちからこれほどまでに自然な演技を引き出す手腕に感服。
中でも、第三話のヒロイン役のベネディクト・ロワイアンが特に魅力的だったが、それに加えて、16ミリの手持ちカメラで写し取った90年代のパリの表情が大変魅力的な映画だった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
マサヤさん,いつも楽しませていただいております。ロメール,ヌーヴェルヴァーグの魅力爆発ですよね。
サムライのDVDがYahooオークションで格安で出品されています。すぐ高騰するんでしょうが……。
大納言 2011/02/17_Thu_20:41:40 編集
ロメール
大納言さん
ロメール作品はいつの時代の作品であっても驚くほど瑞々しさを失わないですね。
その精神的な?若さは凄いです。

『サムライ』の国内盤DVD、早く再発してほしいです…。
マサヤ@管理人 2011/02/18_Fri_10:02:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[543] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
[11/18 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ