忍者ブログ

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の『悪魔のような女』を国内盤DVD(紀伊国屋レーベル)で観た感想。

LES DIABOLIQUES』(55年)
監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 
原作:ボワロー=ナルスジャック 
脚本:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー、ジェローム・ジェロミニ 
撮影:アルマン・ティラール、ロベール・ジュイヤール 
音楽:ジョルジュ・ヴァン・パリス 
出演:シモーヌ・シニョレ、ヴェラ・クルーゾー、ポール・ムーリス、シャルル・ヴァネル、ジャン・ブロシャール

 
再見。
今回観たDVDはHDニューマスター版だけあって、画質はとても良い。
作品は今さら言うまでもない大傑作
この映画に影響を受けている映画は数限りなくありそう。
その最も有名な一つはヒッチコックの『サイコ』(60)だが、あの『めまい』(58)も『悪魔のような女』と同じ原作者ボワロー=ナルスジャック(二人の作家の共作)の作品なのだというからその影響力がしれようというものだ。

全体的にクルーゾー監督のショッカー的演出が冴え渡った作品だが、とにかくキャストが素晴らしい。
作家の谷崎潤一郎はこの映画のシモーヌ・シニョレが大のお気に入りだったというが、それも納得の風貌、演技である。
一方で、あのシモーヌ・シニョレに位負けしない演技と存在感を見せ付けたヴェラ・クルーゾーは密かに(?)凄い女優だ。
映画の後半はほとんどヴェラ・クルーゾーの独り舞台だといってよい。
校長役のポール・ムーリッス、探偵役のシャルル・ヴァネルは出番こそ多くないが、ともに存在感はさすが。

そういえば、メルヴィルの『影の軍隊』(69)ではシモーヌ・シニョレとポール・ムーリスがキャメラに同時に映るシーンはなかっただけに、この映画での二人の共演シーンはやけに新鮮に映った。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[636] [635] [634] [633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ