忍者ブログ

アンリ・ヴェルヌイユ監督の『エスピオナージ』を国内盤DVD(IVC)で観た感想。

LE SERPENT』(73年)
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 
脚本:アンリ・ヴェルヌイユ、ジル・ペロー 
撮影:クロード・ルノワール 
音楽:エンニオ・モリコーネ 
出演:ユル・ブリンナー、ヘンリー・フォンダ、ダーク・ボガード、フィリップ・ノワレ、ミシェル・ブーケ、マリー・デュボワ、ヴィルナ・リージ、ヘルガ・アンデルセン、ファーリー・グレンジャー

初見。
ピエール・ノールの原作を元に、東西冷戦時代の欧米各国の諜報活動を取り上げた政治スリラー映画
往年のフランス映画ファンにはおなじみのアンリ・ヴェルヌイユ監督の作品ですが、作品のスケールも大きく、なんといってもキャストが豪華。
ユル・ブリンナーヘンリー・フォンダダーク・ボガードの3人が揃うというのはかなり凄いことではないでしょうか。
また、それぞれにバランス良く見せ場を用意しているのもさすがアンリ・ヴェルヌイユ監督で、内容も実に見応えのある、面白い映画でした。

ダーク・ボガードなんてあのヴィスコンティの『ベニスに死す』(71)の次に出た映画がこれですからね~。
表情の演技がなんとも絶妙に上手い。
ヘンリー・フォンダは、どちらかというと苦手な俳優の一人ですが、この映画のヘンリー・フォンダは自然体の演技に味があって自然体でいいですね。
フランス人俳優ではフィリップ・ノワレも良かったです。
音楽はモリコーネ
撮影はクロード・ルノワール

ソフトは日ごろあまり評判の良くないメーカーのDVD(CDケース仕様)で観ましたが、画質は期待していた以上に良かったです。
これは嬉しい誤算。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468] [467]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[08/30 マサヤ@管理人]
[08/28 mon]
[08/27 マサヤ@管理人]
[08/25 mon]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ