忍者ブログ
松田聖子のニューシングル『永遠のもっと果てまで/惑星になりたい』(両A面)がついに発売になりました。
言うまでも無く、作詞松本隆、作曲呉田軽穂(ユーミン)、編曲松任谷正隆による31年ぶりとなる奇跡のコラボ作品です。(『惑星になりたい』の編曲は中田ヤスタカ氏)

約ひと月ほど前に初めて『永遠のもっと果てまで』を聴いた時はこのメンツの作品としては正直弱いと思いました。
あまりにも期待が大きすぎたのかもしれませんが、♪生きてるって素晴らしい♪等、聖子さん自身の近年の歌詞とさして変わりばえのない松本さんの歌詞、今一つ盛り上がりに欠けるユーミンのサビメロ等、私の希求するこのメンツの楽曲のイメージとはかなりの違いがあったのです。

しかし、それから先行配信を購入したり何度も繰り返し聴くうち、この『永遠のもっと果てまで』という曲がどんどん好きになっていきました。
松本さんの歌詞は、全体を通して聴けばジワジワ心に沁みてくるような、さすがに深みのあるものですし、ユーミンの曲は最初から最後までなんとも品のあるメロディの流れがあり、聖子さんの丁寧な歌と相まってえにも言われぬ格調の高さを感じさせます。

そして、松任谷正隆氏のアレンジがなんとも素晴らしい。
ツインギターのハーモニーとストリングスの絡みが、スケール感のある透明な音の世界を表現しています。

全体として、現在の聖子さんの年齢にも見合いながら、若々しさ、瑞々しさも感じさせるという、絶妙としか言いようの無い、奇跡的なバランスのとれた作品に仕上がっています。
本当に何度聴いても飽きない、素晴らしい作品だと思います。

テレビでは、先日もミュージックフェアで披露され、昨晩はNHKのSONGSの松本隆特集でも披露されましたが、とりわけSONGSにおける聖子さんの歌唱が実に素晴らしかった。
本当に曲に敬意を持って心を込めて歌っていることが伝わってきましたし、高音の伸びも素晴らしく、CDで聴くより作品が魅力的に響くという、いかにも聖子さんらしい稀有な才能を見事に発揮していました。
なによりファンとしては、その気になれば聖子さんの声がまだまだ出ることに大いに安心しました。(間違いなく生歌でした)

また、カップリングの『惑星になりたい』は、作詞松本隆、作曲呉田軽穂は変わりませんが、中田ヤスタカ氏の編曲が新鮮で、"エレクトロポップ"とでもいうべき新たな聖子さんの世界を表出しています。
曲想としてはクラブ系の楽曲の多い02年発表のアルバム『area62』(SEIKO名義)に近いかもしれませんが、ソリッドなイメージの強い『area62』よりも『惑星になりたい』の方がより遊び心があり、このメンツであえて冒険を冒す意欲に驚かされました。

現在、『永遠のもっと果てまで/惑星になりたい』のCDは4種類が発売されていますが(一つはカセットテープ)、私はDVD付のものと特製ジャケット仕様のものと2種類購入しました。
DVDに収録されている『永遠のもっと果てまで』のプロモーションビデオはもうちょっと予算を掛けられなかったのか?という疑問が沸くような内容でしたが(バレエシーンは曲想に合っているとは思えない)、特製ジャケット仕様のものは昔のEPと同じサイズ感がかえって新鮮で、中に封入されているミニポスター、ブロマイドも往年のファンにはニヤリとするような出来栄えでした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[879] [878] [877] [876] [875] [873] [872] [871] [870] [869] [868]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[11/18 影]
[11/17 mon]
[11/16 マサヤ@管理人]
[11/09 影]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ