忍者ブログ
12月9日に松田聖子のオールタイムベストアルバム「『We Love SEIKO』-35th Anniversary 松田聖子究極オールタイムベスト 50 Songs-」が発売されます。

聖子さんのベストアルバムといえば、これまで一体何枚発売されたのか分からないくらいたくさん発売されていますので、特に新鮮味はないような気もしていたのですが、今回は初めて本人の選曲(以前にもあったような?)、そして、初めてレーベルの枠を超えた3枚組ベストということでかなりの話題となっており、私も初回限定盤A(DVD付)の購入を決めました。
ちなみに、初回限定盤Bはジャケ違いのLPサイズということで惹かれますが、ジャケット写真があまり好みでなかったのとLPサイズは置き場所に困るということでひとまず却下です。

まずは今回のベストアルバムの収録内容を見てみましょう。

DISC 1
01. 青い珊瑚礁
02. チェリーブラッサム
03. 夏の扉
04. 裸足の季節
05. 風は秋色
06. 白いパラソル
07. 瞳はダイアモンド
08. SWEET MEMORIES
09. 櫻の園
10. 哀しみのボート
11. Unseasonable Shore
12. 天使のウィンク
13. 渚のバルコニー
14. 制服
15. 大切なあなた
16. I Love You !! ~あなたの微笑みに~
17. 20th Party
18. 明日へと駆け出してゆこう

DISC 2
01. Rock'n Rouge
02. 天国のキッス
03. 瑠璃色の地球
04. ガラスの林檎
05. 風立ちぬ
06. 蒼いフォトグラフ
07. 秘密の花園
08. 時間の国のアリス
09. I'll Be There For You (松田聖子 with Robbie Nevil)
10. 小麦色のマーメイド
11. ハートのイアリング
12. あなたのその胸に
13. さよならの瞬間
14. いくつの夜明けを数えたら
15. Touch the LOVE
16. 涙のしずく
17. あなたに逢いたくて~Missing You~

DISC 3
01. 赤いスイートピー
02. 永遠のもっと果てまで
03. 夢がさめて(松田聖子&クリス・ハート)
04. 30th Party
05. Bibbidi-Bobbidi-Boo
06. LuLu!!
07. LET'S TALK ABOUT IT
08. Gone with the rain
09. 眠れない夜
10. 私だけの天使 ~Angel~
11. 恋する想い ~Fall in love~
12. 抱いて…
13. 「ありがとう」
14. 特別な恋人
15. 惑星になりたい
16. You Raise Me Up(※初回限定盤ボーナストラック)
17. あなたに逢いたくて ~Missing You~(Orchestral Ver.)(※初回限定盤ボーナストラック)

まず、年代順に曲を並べるのではなく、アルバムの構成を考えた上で並び替えたのは良いと思います。(もう少し年代がバラけてもいいと思いますが)
これまで出ていたベスト盤『Bible』等は、ほぼ年代順に構成されており、その分どうしても80年代の曲ばかりが聴かれて90年代以降の曲はあまり聴かれないという現象があったのではないかと想像されます。
90年代以降の作品にも素晴らしい作品はたくさんありますので、今回のように並び替えることで90年代以降の作品も多くの人たちにも聴かれるようになるのではないかと期待できます。

問題はやはり選曲。
はっきりいって、聖子さんの35年にも渡る輝かしいキャリアを50曲3枚のCDに収めようというのが無理な話。
なんであの曲が入ってないの?という疑問はファンなら誰しも当然あるわけです。
まして今回は”究極のベスト”と謳っているわけですからね。
収録内容が明らかになってから、私もそのことをずっと考えてきました。
もちろん、ファン一人ひとりで意識は皆違うと思いますが、私なりの葛藤?をここで整理してみたいと思います。

今回なぜ入らなかったのか理解に苦しむ曲

Squall、Only My Love、マイアミ午前5時、Call Me、時間旅行、Strawberry Time、素敵にOnce Again、輝いた季節に旅立とう、Believe in Love、bless you

特にOnly My Loveマイアミ午前5時Call Meが入らなかったのは理解しがたいものがありますね。
Only My Loveは今さら言うまでもなく聖子さんのキャリアの中で大変重要な曲ですし、マイアミ午前5時は80年代のシングル群に勝るとも劣らぬ人気のある曲です。
そして、Call Meは00年代以降のシングルではトップクラスのクオリティを誇る名曲です。
個人的にCall Meを00年代以降の彼女を知らない人たち(最近まで私もそうでした)に聴いて欲しかったんですけどね・・・。

また、素敵にOnce Again輝いた季節に旅立とうの2曲は聖子さんの90年代を代表するシングルであり、この2曲が選ばれなかったことは腑に落ちません。
90年代の聖子さんの代表曲といえば、どうしてもあなたに逢いたくてということになってしまいますが、是非とも明るいこれらの曲も収録して欲しかったと思います。

そして、個人的な一押しはBelieve in Loveだったんですが、あえなく落選してしまいました。
これはシングル曲ではありませんが、聖子さん自身お気に入りで近年でもライヴで歌うことの多い曲ですし、私自身、今では聖子さんの曲の中でもベストスリーに入るくらい好きな曲なんです。
bless youは娘のSAYAKAの作った曲(上原純名義)で、しかもとんでもなくいい曲なので入ると思ったんですけどね。
これまた残念。

多分入らないだろうけど、できれば入って欲しかった曲

Giselle、Dancing Shoes、just for tonight、Love & Emotion、Forever、風に吹かれて、Why say goodby、林檎酒の日々、続・赤いスイートピー、1992ヌーヴェルバーグ、蛍の草原、Star、ハートをRock、一千一秒物語

まあこれは一ファンの戯言ですね。
本音を言ったらこんなもんじゃすまないんですが。
一人ひとりの希望を言っていたらキリがないのは分かります。
しかし、これらの曲だけでも立派なベストアルバムができてしまいますよ、ホントに。
今さら言うまでもありませんが、松田聖子の偉大さは、何より名曲の多さです。

今回入れなくても良かった曲

I Love You !! ~ あなたの微笑みに~、LuLu!!、明日へと駆け出してゆこう、Bibbidi-Bobbidi-Boo、30th Party、蒼いフォトグラフ、I'll Be There For You、LET'S TALK ABOUT IT、秘密の花園、惑星になりたい

今回の選曲はユーミンに気を使ったんですかね。
ユーミン作曲のシングルは全部入ってますし、制服蒼いフォトグラフまで収録されていることにはちょっと驚きました。
SEIKO名義の海外進出曲ではI'll Be There For YouLET'S TALK ABOUT ITの2曲も悪くはないですが、それほど良い曲とも思えず、聖子さんのオールタイムベストに相応しい楽曲とは思えません。
海外進出曲では今回入らなかったDancing Shoesjust for tonight等の方が躍動感があってカッコ良くてずっと好きですね。
他の曲もまあどれも魅力的ではあるんですが、聖子さんのオールタイムベストというとちょっと違うような気がしますね。


今回よくぞ入れて下さった曲

櫻の園、哀しみのボート、Unseasonable Shore、恋する想い ~Fall in love~、「ありがとう」、Gone with the rain、いくつの夜明けを数えたら

これらの曲がある意味、今回のベストのキモともいえますね。
アルバム『永遠の少女』収録の2大名曲櫻の園哀しみのボートの収録は松本隆とのコラボの復活が大きいかもしれませんね。
恋する想い ~Fall in love~Gone with the rainはどちらもシングルとしては地味でしたが、本当に良い曲で私もどちらも滅茶苦茶好きな曲です。
「ありがとう」は賛否両論あるかもしれませんが、個人的には大好きな曲なので今回の選曲は嬉しかったです。
いくつの夜明けを数えたら涙がただこぼれるだけとか永遠さえ感じた夜とか逢いたいとかいった00年代のバラードと正直なところイメージが被りますね。
どれもホントに良い曲ばかりですが、まあでも中でも1曲となったらいくつの夜明けを数えたらでしょうね。

Unseasonable Shoreは夏らしいさわやかな曲調の良い曲です。
90年代から最近まで小倉良とのコラボでほぼ作品を作ってきた聖子さんですが、ファンの間では概して評判は良くないですね。
まあ分からなくもないんですが、実はこの時期にはいい曲もいっぱいあるんですよ。
Unseasonable Shoreもその中の1曲ですが、アルバムとしても『1992ヌーヴェルバーグ』や『Forever』は80年代の作品と同じくらい私は好きですね。
また前記の『Call Me』を始めとする2000年初頭の原田真二とのコラボ楽曲も今ではほとんどライヴで歌われることもないですが、再評価されてしかるべきではないかと私は考えます。
また機会があればこれらのアルバムについても書きたいと思います。

長くなりましたが、ベストアルバム一つでここまで語れてしまう聖子さんの偉大さを改めて痛感しますね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[883] [882] [881] [879] [878] [877] [876] [875] [873] [872] [871]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[04/05 マサヤ@管理人]
[04/05 mon]
[03/01 マサヤ@管理人]
[02/27 オカルト]
カウンター
NINJA TOOLS
アーカイブ