忍者ブログ

ユーチューブを使って我が偏愛の一曲をご紹介します。
今回紹介するのはセルジュ・ゲンズブール Serge Gainsbourgプレヴェールに捧ぐ La Chanson de Prevert』(61年)

01feabe3.jpegこの間シャルロット・ゲンズブールのライヴに行ってみて、これまであえて避けていたと思われた父セルジュの曲も演奏されたことに驚くとともに、考えてみれば当然という思いが湧き上がったことも事実だった。
セルジュ・ゲンズブール(1928~1991)は彼女の父であると同時にフランス音楽界に偉大な足跡を残した巨人であったわけで、その楽曲を拒絶する方がかえって不自然だと思われるからだ。(右画像は2007年にモンパルナス墓地で撮影したセルジュ・ゲンズブールのお墓)

個人的にはセルジュの初期の作品に特に惹かれるが、中でもゲンズブール三大名曲というのが個人的にはあって、それは今回取り上げる『プレヴェールに捧ぐ』、ブリジット・バルドーとデュエットした『ボニー&クライド』、アンナ・カリーナとデュエットした『何も言うな』の三曲。

なぜかデュエット曲が2曲も入ってしまっているが、セルジュという人は他人のために書いた曲に名曲が実に多い
他にもフランス・ギャルフランソワーズ・アルディ、そして言うまでもなくジェーン・バーキン等々…。
自分のために書いた曲よりもむしろ力が入っているのではと思わせるところがあるくらいだ。

ジェーン・バーキンとのデュエットで有名なあの『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』(68年)はもともとブリジット・バルドーのために書かれた曲だったし、アンナ・カリーナには映画『アンナ』(66年)のために12曲も書いたという。(こんなにたくさんの曲を一度に書いたことはないと当時セルジュ自身が証言している)
今回取り上げる『プレヴェールに捧ぐ』もジュリエット・グレコのために書かれたという説もある。

さて、そのアンナ・カリーナとのデュエット『何も言うな』については以前もこのブログで取り上げた。(リンク
バルドーとのデュエット『ボニー&クライド』は、とりわけサウンド、アレンジの魅力が筆舌に尽くしがたく、バルドーのヴォーカルとのラフな絡みもたまらない。
聴く度にこんなカッコいい曲が世の中にあるかと思うくらいだ。

ただ三曲の中でダントツに好きなのはやはり『プレヴェールに捧ぐ』。
ジャック・プレヴェール(作詞)&ジョゼフ・コズマ(作曲)による名曲『枯葉』について歌われた曲だが、この曲ほどセルジュの素晴らしい声の魅力をダイレクトに伝えてくれる曲は他にないのではなかろうか。
そう、セルジュの最大の魅力は、魅惑的で色気のある、あの声である。
この曲はメロディも見事としかいいようがないし、伴奏のギターがあまりにも素晴らしい。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[503] [502] [501] [500] [496] [495] [491] [490] [489] [488] [487]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[09/25 バッグ・財布・時計スーパーコピーブランドコピー]
[09/25 スーパーコピー ショップ 口コミ]
[09/21 スーパーコピー n級品とは]
[09/21 マサヤ@管理人]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ