忍者ブログ

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『巴里の空の下セーヌは流れる』を国内盤DVD(IVC)で観た感想。

Sous le Ciel de Paris Coule la Seine』(51年)
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
脚本:ジュリアン・デュヴィヴィエ、ルネ・ルフェーブル
撮影:ニコラ・エイエ
音楽:ジャン・ウィエネル
出演:ブリジット・オーベール、ジャック・クランシー、クリスチアーヌ・レニエ、レイモン・エルマンティエ、マルセル・プランス、ダニエル・イヴェルネル、シルヴィー

初見。
デュヴィヴィエ監督お得意の群像劇
映画の中盤でシャンソン『パリの空の下』が歌われていることでも有名な作品である。
こういった作品はハッピーエンドが関の山だが…さすがデュヴィヴィエ、充分に皮肉と苦味を聞かせたラストとしている。

デュヴィヴィエと共に脚本を担当したのは、俳優でもありメルヴィルの『いぬ』にも出演している(最初に殺される役)ルネ・ルフェーブル
撮影は、同じく『いぬ』のニコラ・エイエ

誰が主役ということもない映画だが、ブリジット・オーベールが美しく魅力的。
他に出演作が少ないのが残念である。
そのブリジット・オーベールが会う男性(フィアンセ?)はロベール・ファヴァール
といってもほとんどの人は分からないだろうが、あのメルヴィルの『サムライ』のバーテンダー役を演じた俳優と言ったら、お分かりになるだろうか。

個人的な印象としてはデュヴィヴィエ作品の中では中の上くらいの作品だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[501] [500] [496] [495] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485]
テンプレ作った人:おみそ
今すぐブログ始めるなら:[PR]

PR:忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
マサヤ
性別:
男性
趣味:
フランス映画、ジャズ
自己紹介:
フランスの映画監督ジャン=ピエール・メルヴィル監督作品のファンサイト附属のブログです。
メルヴィルを始め、往年のフランス映画やアメリカのフィルム・ノワールのほか、JAZZ、松田聖子など好きな音楽についても綴っています。
リンク、コメント、TB等はご自由にどうぞ。
カテゴリー
最新コメント
[12/16 マサヤ@管理人]
[12/14 mon]
[12/04 マサヤ@管理人]
[12/02 アキ]
カウンター
忍者AdMax
NINJA TOOLS
アーカイブ